fc2ブログ

Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

tribute john harman.







john harman




「ちっちゃな子が作業場で大暴れしたの?」 と聞かれるほどに大荒れの作業場でフレームの最終仕上げをするKoh. 今回はガソリンタンクもフレームも全部めっき。ということはパテが盛れないので板金勝負の横ハーマン。またの名を tribute john harman. CNCで部品を作れるだけじゃないんだぜ、とここはKohの板金と溶接の腕の見せ所でもあります。
そして先ほどマリブから 「シートパン届いたよー!こんな感じに仕上げるけどいい?」 とメールが来た。うん、もう10年もKohのシートを作ってくれているので阿吽の呼吸でばっちりんこ!11月末には日本に戻ってくるはずのシート。うんほんとギリギリすぎて胃が痛い!!







スポンサーサイト



YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2022






john harman


john harman




Kohの気難しい性格と頑固な性質と、オートバイに対する謙虚で純粋な想いが創り出す横ハーマン。天国のジョン ハーマンが興奮して枕元に立っちゃうような、そんな完成を目指します。








just imagine go to the moon.





横ハーマン、又の名を tribute john harman と名付けられたこのマシーン。名前からしてYOKOHAMAの為に制作している訳ですが、HOT ROD CUSTOM SHOWという展示会ですので当然このマシーンのコンセプトはHOT ROD。ホットロッドとは何ぞや?Kohの中のHOT RODの解釈は大きなエンジンを載せた小さな車体、それこそがホットロッドだそうですので、その解釈のままにただ忠実にHOT RODを制作しているらしい。「これはね、主催者であるMOONEYESに俺なりの最大のリスペクトを込めてつくってるってことなんだよ」 といつも話してくれる。




john harman


john harman



ジョン ハーマンのビッグモーターを載せたギュギュギューーーっと小さくまとめられた車体に跨って月に向かって走るイメトレ中の11月3日。祝日だと気づかず何日も前から予定を立てて進めていた作業を終え完成したシートパンをマリブに送る手配をFedEXにしようとしたら、まさかの休みだった。がびーん。もうホントどこまでもスットコドッコイでスカポンタンな私達は果たして無事に月に辿りつけるんでしょーか。それにしてもバイク以外のことは全て捨てて集中しているのでKohの髪型がおかっぱ頭になってきた。鋭い目をしたちびまるこちゃんのようで笑える。いや、笑っている場合ではない。


















See you in YOKOHAMA 2022.





ムーンから 「キャンセル待ちが回ってきて出展のご案内しましたけど、それっきり申し込み手続きがされていないのでこのままだとあなたもキャンセルになりますよ?」 と呆れ口調で親切に教えてもらっって、めちゃくちゃビックリして急いで申し込み手続きを完了させた。もはや開いた口が塞がらない。あーほんと危なかった。気持ちだけがエントリーしてた。学習能力、、、




john harman




ロッカーボックスの設計をノンキにしている今日はもう11月1日。Koh曰く、「We dont buy. We make everything!!」(俺たちはもう買わない、俺たちは全部作るから) というような内容だそうです。心意気は伝わりますけども、、、

いやあなた一番大事なエントリーをほったらかしにして危うく出展できなかったかもしれなかったんだよ?(汗) 









47 magnum.






10月のある日、何でこんなに皆さんがケーキを持って遊びに来てくれるんだろう?と思ってたら、あー!今日はKohのお誕生日だった!と気が付いたのがもう夜だった。この23年間でKohの誕生日を忘れたのは初めてで自分でもビックリした。忙しい日々のせいなのか、私の老化現象のせいなのか、どっちにしてもごめんねな誕生日にしてしまった。それなのに、なぜか私に財布をプレゼントしてくれると言う。え?なんで?50個くらいある財布の中から好きなのを選んでいいよ、と言ってくれたので、まあせっかくだし一番気に入ったものを選ばせてもらった。そしたら、「うーん、それは俺からするといずみらしくないからこっちにしなよ、こっちの方が似合うから。俺はこっちにして欲しい」 と私が選んだものとは全く違うものを選んでプレゼントしてくれた。あ、ありがとう、、、相変わらず分かりにくい愛だな(笑)




20221021




この23年間、いつも実にKohらしい独特な愛情で私を大切にしてきてくれた。きっとそれはこれからも続くんだろうと思う。「そんなに長いこと一緒にいるのに家族でもなければ夫婦でもない関係ってちょっと淋しいよね」 と意地悪なのか親切なのかよく分からないことを言われた日もあったけれど、Kohも私も淋しいと感じたことは一度もナイ。私からするとペラペラの紙切れ一枚で繋がってるペラペラの関係を続けなくちゃいけないペラペラ夫婦の方がよっぽど淋しそうに見える。

47マグナムおめでとう。いつもありがとう。これからもKohの人生がオートバイでいっぱいでありますように。














カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top