FC2ブログ

Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

澱は底に溜まる





言葉自体は悪いけど、その意味は決して悪くないように思う。

2019年、成田からシカゴに向かう飛行機の中で隣の席になったMさんという女性がいた。座席に座るとき、「あー今回は外人さんがお隣かー」、と思ったらしいが、私もKohも日本人である(笑) 挨拶を交わしてそれぞれの席に座った。飛行機が離陸してしばらくすると隣のMさんはパッカーン!パッカーン!と豪快にビールを空けてグビグビと飲み始めた。キャビンクルーが通るたびにビールのおかわりを注文するMさんを見てKohが、「ねえねえ、エコノミークラスをあんなにも有効に活用している乗客を俺は初めて見たよ!」とか、「ねえ、あの人ビール代だけでも絶対に飛行機チケットの元は取れてるよ!」とか耳打ちしてくるから笑いを堪えるのが大変だった。Kohはそれまでビジネスクラス信者だったのだけれど、私と一緒に旅をするようになってからは必ず私が隣になるからエコノミーで充分だ、と嬉しいことを言ってくれる。



20210123




空を飛んで何時間もすると一言、二言、話すようになってきて、Mさんがバージニア州で暮らす友達家族に逢いに行くということ、私達がカスタムバイクショウに出席する為にサウスダコタに向かうことなどを話したりして、すっかり私達は仲良くなり、Mさんのおかげで10時間近いフライトがとっても楽しい時間になった。そしていよいよシカゴに到着し、私達はそれぞれの目的地へ飛ぶ飛行機に乗り換える為、名残惜しくも笑顔でさよならをした。あんなに楽しかったのにもう二度と逢えないんだ、ていうか逢わないよね、だって別に飛行機の座席が隣になっただけだし。それなのに私は淋しくて淋しくて、不思議な気持ちになった。

喫煙者のKohが10時間近く絶っていたニコチンを摂取する為に喫煙所へ向かう。そこでさっき笑顔でさよならしたMさんが美味しそうに今度はタバコをスッパー!スッパー!と吸っていた(笑) 「Mさーん!」 私は嬉しくてMさんの側に駆け寄った。もう二度と逢えなかったはずのMさんと思いのほか、めちゃめちゃ早い再会を果たした。2019年の8月だった。



20210123




日本に戻ってからしばらくしてMさんが連絡をくれた。たったの数時間、別に飛行機の座席がたまたま隣になっただけなのに、SNSで私達を探して連絡をくれたのだった。それから私達は手紙(実際はメールなんだけど毎回手紙のような長文なので手紙と呼んでいる)のやりとりをずーっと続けている。Kohと旅をするようになってから、こういうことが時々起こるようになった。オートバイの神様が引き合わせてくれた人達。その出逢いは私達の人生を豊かにしてくれた。
2020年の8月に今度はシアトルに行く、と言うので、えー!私達もまた来年の8月はサウスダコタに行きますよー!と盛り上がって同じ飛行機にまた乗ろう!なんて言って笑っていたのに、2020年はとんでもない一年になってしまい私達の夢の再会は夢になった。夢も目標も予定も全部吹っ飛んだ2020年だったけれど、類は友を呼ぶ類友ならぬ、奇跡の友達キセトモ達からの明るくて楽しい便りにどれだけ励まされ笑わせてもらったことか。そして私たち自身もキセトモ達にとってそういう存在で在りたいと思う。








スポンサーサイト



だーかーらー





もう分かったから!!!(笑)



20210119




笑いすぎてお腹痛い。今年こそは、おとぎ話の森に住む馬ちゃんと鹿ちゃんと一緒に働けますよーに!










New project 2021.





昔々、20年以上前のこと。よくもまあ飽きもせずに毎晩毎晩ずっと観ていられますね?というくらい同じDVDを(もしかしたらビデオだったかもしれない)観まくっていた時期がありました。何をそんなに必死こいて観ていたかと言いますと、メタルファブリケーターRon Covell氏のDVDです。アルミの板をギーコーギーコー切ったり伸ばしたり叩いたりガス溶接でくっつけたり、永遠にやってるやつ。付き合わされてる私には眠くて仕方のない内容だったんですが、Kohにとってはそうじゃなかったんですね。あの頃はとにかくアルミに夢中で、勉強して、それを自分で試して研究していた時期でした。木で鯨の骨組みみたいなのを作って、それにアルミ板を合わせて叩いてガソリンタンクを作ったりもしていました。Ron氏の使っている道具が欲しくて本人とも直接やりとりをしていました。それらは今でもKohの大切な仕事道具です。
それから何年もして日本でもイングリッシュホイールなどが当たり前に使われるようになってきた頃、Ron氏が日本で講習をすることになったときに通訳を頼まれましたが、そんなに英語が得意じゃないからと断った、と言っていました。これは実にKohらしいなあ、と今でも思います。Kohは彼の技術に興味があるだけで、彼に興味があるわけではないんですね。それは誰に対しても同じで、有名人だから近づいてやろう、仲良くなってやろう、というのがないんです。



20210114



これは2021年のプロジェクトの中の一台。Kohの作った部品を型にしてアルミを流し込み鋳造で作りました。それが新年早々に出来上がったので今は一日中アルミの粉まみれになりながらKohの頭の中の形になるように削って成形しているところ。また昔話になりますが、サツマの石原君が、「最近アルミの粉の吸いすぎで物忘れが激しいんですよー」とか言って笑っていましたが、これ本当らしくて、Kohもアルミを削っている時は私に近づかないように注意をしてきます。寒い夜にアルミの粉がキラキラキラキラ舞って美しいんですが、これを全部Kohが吸っているのかと思うと心配になるけどしょーがない。

オーナーは今、お仕事でアメリカに住んでいて数年後に帰ってくる予定。元気にしてるかなー、と毎日想います。きっと心細い日もあると思いますが、バイクは希望に満ち満ちていますから!!!
T氏の健康とお仕事の成功を祈ってます。








こんにちは2021





「ねーねー、今ね、ポーランドはマイナス10度!」というメッセージと一緒にMからこんな画像が送られてきた。ねえ、だーかーらー、あなた何してんの?(笑)




20210111




2021年もどうぞ宜しくお願いします!








さようなら2020




思ったよりも深いうさぎの穴に落ちてしまいフワフワの真っ白なしっぽは汚れてしまったが、光が見えた。映画シャーロックホームズの私の好きな台詞です。



20201230



2020年を一緒に働いてくれたスーサイドカスタムーズのみんなに感謝します。そして今日もこうして明るく健康に働けることに感謝。世界のいろんな場所で同じように過ごしている友人からの励ましのメッセージが心に沁みる一年でした。
Kohを理解し協力してくださったすべての皆様に感謝します。今年も有難うございました。

皆様にとって2021年が明るく健やかで希望のある一年になりますように。
良いお年を!!!




カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top