Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

Metalsport Wheels.








20180612





さて、今日はコッキー改めスピード・スターに使うホイールのブランク材を受け取りにMetalsport Wheelsへ向かう。





20180612



20180612



20180612



20180612



これは事務所に置いてあった34インチのホイール。初めはそっけなかったRだったが共通の友人がいることが途中で分かってお互いの距離が急に縮まって笑顔になった。後にその共通の友人KにRにブランク材を売ってもらった話をしたらとても喜んでいた。先日アリゾナに引っ越してしまったので今回の旅では残念ながらKには逢えなかったがRを通じて逢えたようでKohも嬉しそうだった。


いくつか購入したブランク材は他の荷物と一緒に船便で日本に送るが、何を思ったかこのお方(Kohのことです)、コッキー改めスピード・スターのブランクホイールは飛行機に載せて一緒に帰りたい!と言い出した。いやいやあなたそれはちょっと無理なんじゃないかな。ほら、行きだってさ、シリンダーヘッドをかばんに入れて持ってきたから空港で呼び出されて注意されたじゃない?帰りもまたそんな、うーん、まあ、あなたの好きにしたらいいけどさ・・・



20180612



というわけで、ほんとに持って帰ってきちゃった。かばんに入らないからダンボールとガムテープでぐるぐる巻きにして荷物を預ける所で渡したら案の定、「これなに?」と質問され、「ホイールです。オートバイのホイールのブランク材ですよ。」と素直に答えるKoh。「はあ?ホイール?バイクの?冗談だろ?」 「いいえ、本当にホイールです。」 「あ、そ。傷が付いても知らないからね!」 「ええ、傷が付いても何ら問題ありません。削っちゃいますから。」 


そんなこんなでアメリカ珍道中はまだまだ続く・・・















スポンサーサイト

Bill Wall Leather.






Bill Wall Leatherの工房に行ってきました。



20180611




予定より早く到着したので近くの海や山を散歩した。山でフォレスト・ガンプとジェニーの木のそっくりさんを見つけたので、しばらく木登りをして遊ぶ。思えばKohとこんなふうに過ごしたのは初めてかも。大きく伸びた木の枝に座って今までのいろんなことを想う。




20180612






さて、約束の時間だ。



20180612




Billが私のブレスレットに特別な言葉を彫ってくれた。「これは僕が彫ったものだけれど彫ってある言葉はKohの気持ちだからね。」と言ってくれた。涙がちょちょぎれそうになったけどその場がしらけるから泣くのは我慢。それからKohと私が20年一緒にいること、その20年の間で初めて一緒に旅行(仕事だけど)したのがここだという話をした。するとBillも奥さんのAとは13年間、仕事以外で一緒に旅行したことがないこと、交際9年目で結婚しないならもう私はあなたの許からいなくなるわよと言われたこと、そして今年結婚したことを話してくれた。「それでもまだAは僕のそばにいるから大丈夫!」と笑っていたけど、こっちの涙腺は崩壊寸前。でもここは泣くところじゃないから我慢した。



20180612



BillとKohが仕事の話をしている間、13年来のBillの仕事のパートナーJに中庭を案内してもらった。中庭にはたくさんのハーブが育っていてJはひとつひとつ手でこすりながら香りを嗅がせてくれて、これはパンを焼くときに混ぜると美味しいのよ、ローズマリーは日本にも生えてる?にんにくを植えると蚊がこないのよ、とたくさんのことを教えてくれた。私も庭でローズマリーやミントを育てていることを話して私達はすっかり仲良しになった。



20180612




今回の旅の一番の目的だったコッキー改めスピード・スターのバッテリーケースにエングレイビングをしてもらった。素敵なバッテリーケースがもっともっと素敵になった。せっかくなので記念撮影。実は二人とも写真が大嫌い。

「9月にスーサイドカスタムズに行きたいんだけど、行ってもいいかい?」 とBillから相談された。夢だけど夢じゃなかったことが時々起こる。それのひとつが9月に起こるみたい。




20180612




何処へ行っても長居は無用。用が済んだら帰ります。Billをはじめ工房で働くBン、Jアンナ、Mゲルおじさん、そしてその他のスタッフのみなさん、親切にしてくれてありがとう。また9月にお逢いましょう!今度はスーサイドで。あー掃除しなくっちゃ。





20180612




今回の旅の宿はロングビーチ。




20180612




世界の何処へ行ってもオートバイから離れないKohである。アメリカ滞在記はもうしばらく続く・・・












真夜中のダンス





真夜中にフォークリフトでクルクル回転して遊んでいたら、車のフロントガラスに突っ込んだ。Kohが。



20180609




だ、だいじょうぶですか?車の心配じゃなくてKohの頭の心配。













スープの中の豆と人参






コッキー改めスピード・スターのステンレスフレームとの格闘の日々はまだ続いております・・・



20180601




顔では笑っているけれど心では泣いているらしい(本人談)




20180601




素人(私のことです)の目にはもはや何がなんだかよく分からない構図。フォレスト・ガンプが幼い頃に足に装着されていたギブスが走りながら解けていくあの美しいシーンを思い出す。あの映画の中の、「スープの中の豆と人参のように僕達はいつも一緒にいた」 という台詞が好きです。




20180601




ジェニーが幼少期の悲しい思い出の詰まった自宅に石を投げて泣いているシーンで、「投げたい石が足りないときもある」 とつぶやいたフォレスト・ガンプがその後ブルドーザーでジェニーの自宅を潰してあげる。その場面も好き。




20180601




船長になる約束を果たすため自分に逢いに来てくれた少佐を見つけて嬉しすぎて海に飛び込んでしまったフォレスト・ガンプの船が再会を喜ぶ二人の背後でぶつかる場面で涙が出るほど笑った。




20180601




食わず嫌いで一度も観ることなく過ごしてしまっていた「フォレスト・ガンプ」 Kohが素敵な映画だから観てごらんと言うので、どーせつまんないでしょと観てみたらとても素晴らしかった。「フォレスト・ガンプは一つのことをやり続けるだろ?やり続けることの大切さがあの映画を観ると分かるんだ」 とKohは言っていた。このステンレスフレームを「フォレスト・ガンプ・フレーム」と名づけよう(勝手に)。というわけで、フォレストガンプフレーム製作はまだ続きます・・・


















ステンレスフレームは続くよどこまでも





20180517




いつものことだが恐ろしく苦悩している。作っては壊し作っては壊し、また作る。作っている本人も相当疲れているが、見てるだけのこっちもかなり疲れる。










カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top