fc2ブログ

Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

昼間に鳴くフクロウ長生きツノガエル





スーサイドは私の名前と同じ町にある。十数年前、車がやっと二台入るかな?くらいの小さな場所からこの場所に移ってきた。静かな場所で静かにバイクを創りたかったKohが見つけたこの場所は最初、こんな広い倉庫を借りて大丈夫?というほど広くて私達は希望と期待に胸膨らませていたけれど、心の中は怖くて仕方なかった。バイクのカスタムなんかでここの家賃を払っていけるのかな?私達はご飯を食べていけるのかな?この先のことが全く分からなくて緊張したけれど、もう借りちゃったし勤めていた会社も辞めちゃったし。ノンキな私の隣で、もう後戻りできないKohの思いは如何ほどだったんだろう、、、と今でもあの頃のことを想い出すと胸がギューッとなる。その日から今日までKohはスーサイドの入り口のドアを閉めた日は一日もありません。

私が「少年の部屋」と呼んでいたKohの寝泊りしているスーサイドの中に作った小部屋はやがてプリズムアンティークスという場所になって、最初は広すぎて怖かったこの場所は工作機械だらけの狭くて狭くて仕方のない場所に変わっていき、もうバイクリフトを並べる場所もなくなりました。





20220122




そこでスーサイドから歩いて5分もかからないこの場所に、もういっこスーサイドを作ることにしました。私達にとっては一世一代の大きなこと。縁起だって何だって担げるものは全部担いで始めたい工事なのに、当の本人は「地鎮祭ってなんなの?そんなの海外で聞いたことない。運動会じゃあるまいし何で紅白の垂れ幕ぶらさげなきゃいけないんだよ?俺はやんないよ?どうしてもやりたいならそっちで勝手にやってくれ。俺は行かない」と言い張って、まさかの地鎮祭もやらずに工事が始まった。




20220122





工事が始まって数日した頃、工事現場でいろいろ確認しなくちゃいけないことがあって忙しいKohより先に私が行った。「すいませ~ん、おつかれさまで~す。今日は宜しくお願いしま~す~~」いつものようにヘラヘラしながら建築会社の人たちと他愛もない話をしていると、胸ポケットにレッドブルを突っ込んでタバコを吸いながらKohが登場。もうね、皆さんがドン引きしている空気が凄かった。うんそーだよね、今どきタバコ吸いながら歩いちゃダメだし、ていうかその前に見た目もアレだし、、、現場監督のKohを見たときの顔が忘れられません。




20220122





どんどんどんどん地面が掘られて土が山盛りになっていき次から次へとダンプカーが到着し土を積んで運んでいく。あー良い土だなー、そんなことを考えながら寒いけど綺麗に晴れ渡った青空が目に沁みる。




20220122




現場では親方らしき人と外国人と思われる男性と最終学歴は中卒っス!て感じの男の子が基礎の工事をしてくれていた。だ、だいじょうぶなのか?この人たちに建物の一番大切であろう基礎を任せてしまって、と凄く失礼だけど本気で心配になった。だけど、きっとこの工事を請け負ってくれた建築会社の人たちの方がKohを見て心配になったであろう。だ、だいじょうぶなのか?この人(Kohのことです)から仕事を請け負ってしまったけどこの人ホントに工事代金払えるのか?て思われたと思う。うん私なら絶対そう思う。




20220122





というわけで、工業高校で寝ながら受けても絶対落ちないと言われている溶接の試験に落ちて担任を驚かせた伊達君と、小学生でも持ってる英検4級の資格しか持ってない私と、スーサイドカスタムーズと愉快な仲間達と共に、何度もすっ転んでは立ち上がり立ち上がってはすっ転びながら働いてきたKohの、もういっこの方のスーサイドカスタムズ(別の名を自慢箱と呼ぶ。名付け親はKヨノッチ)が夏には完成予定です。

















スポンサーサイト



tribute john harman.





横ハーマン、まだ今ここ。ハーマンのエンジンを使って制作しているこのマシーン。当然ハーマンが天国から見てくれてるなんて思ってないけど、それでも彼が天国へ旅立ってからこれだけの長い時間が流れても、こうして彼のエンジンが地面を走る日が来るんだ。それってすごくすごく尊くて素晴らしいことだよね。



john harman




俺はとんでもないもんを創っちゃったぜ!と喜んだのも束の間、0.01ミリ削るところを0.1ミリ削っちゃって、本当にとんでもないもんになっちゃったフレームだったけど、やっと希望の光が見えてまいりました。なのに厳しい表情をしてますねえ。もっと喜んだらいいのにと思うけれど、本人曰く、「満足度よりも達成感の方が体と心に沁みる」らしいから、まだまだまーだKohの笑顔はずっと遠くの方にあるみたい。









2022 横ハーマンは続くよどこまでも




世間では一緒に過ごすであろう時間のほとんどを別々に過ごす私達は、年越しも離れて迎えるわけですが、数日間ひとりぼっちでスーサイドに籠もっていたKohに新年が明けてしばらくしてから逢いに来ると、まさかの右側だけ眉毛がなかった。え?この数日で何があったの?「たぶんね、溶接してるときに燃えちゃったんだな!」と久しぶりに私に逢えて嬉しそうだった。年末年始は静かにひっそりと横ハーマンのフレームを完成させる計画を立てていた。お正月は電話も鳴らないし誰も来ないし、そういう時間は落ち着いてじっくりと創れるから良いものが出来るんだって。ていうか、まだ横ハーマンってフレームの段階だったんだね、、、すると「あのね、フレームってのはそんなに簡単に出来るもんじゃないんだよ。骨組みってのは一番大事なんだ。そこがダメだと全部がダメ。骨組みがグチャグチャだと全部がグチャグチャなカスタムになるの!分かる?」とちょっと怒ってた。今年も元気に怒るKohに逢えて私も嬉しかった。



john harman



そんな大事なフレームを製作するのにもう数ヶ月の時間をかけていて、この年末年始で完成させる予定だった。そして横ハーマンからは一旦離れて2022年は45マグナムの続きからスタートする予定だった。だがしかし、やっと出来たぜー!と思った瞬間にアクスル部分を0.01ミリ削るところを間違えて0.1ミリ削ってしまったことに気が付いたらしい。「あーーー!俺は二日間かけて創ったものをまた二日かけて壊してる、、、いったいこの4日間俺は何をしていたんだろう、、、」と頭を抱えて落ち込んでいた。笑っちゃいけないけど毎回大事なとこでズッコケてるから笑えちゃう。


この数日間離れていても二人で考えていたことは同じだった。この二年間、今まで生きてきた中で初めてのことを経験して、見た目はアレだけど中身は真面目なKohは世界で決められたことに自分で出来る限りのことは従って行動してきたし、自分勝手な行動は慎みルールを守って生活してきた。でもこうして三年目を迎えて決断したことは、2022年はやれるだけのことはやろう!行けるところには行こう!だ。それが叶うか叶わないか、許されるのか許されないのか、もうオートバイの神様にしか分からない。だけど2022年はそういうふうに過ごそうね!と二人で決めました。普段は私が右と言えば左に走っていくKohですが、こういうときは不思議と意見が一致することが多いので助かる。

二人で決めたことでも二人だけで実行できるはずもなく、それを行動に移し実現させる為にはたくさんの人たちの協力が必要なわけで。2022年もスーサイドカスタムーズと愉快な仲間達の経験と技術と知恵を分け与えてもらいながら、楽しいけど悔しくて、嬉しいけど苦しくて、そんな「生きていること」を実感できるような一年にしたいと思います。
どうか皆さんにとっても、この世は生きるに値するんだ、と感じられるような一年になりますように。








2021年よ、バーイセンキュー!





スーサイドの前には私と同じ名前の少し大きめな公園があって、2021年はKohとふたりでその公園を一周だけ散歩する、ということを気の向いた夜にだけ続けていました。歩きながらいろんなことを話して、へーそんなこと考えてるんだー、ふーんそういうふうに感じてるんだねー、ということもあって、その夜の小さな時間は今まで過ごしたことのないゆっくりとした嬉しい時間になりました。「俺のやり方や考え方はさ、今の時代には古いのかも知んないけど、それでも俺は俺のやり方でやれるとこまでやってみるよ!」とKohが笑うから、聞いてるこっちも、よっしゃーどこまでも一緒に行くよー!と笑えてくるのでした。





20211230



2021年もKohの心意気を理解し協力してくれた皆さん、Kohと一緒に考え知恵と技術を分け与えてくれた皆さん、有り難うございました。どうぞ良いお年をお迎え下さい!!










happy holidays!!




今朝は早くから素敵なプレゼントが届いた!!!


20211224



ちょっと目の錯覚で見えづらいかもだけど、黒い部分だけを見るように見てください。「おまえのかーちゃんでーべそっ」て文字が浮かび上がってくると思います。




20211224



サンダーバードちゃん(SuicideCustoms)のスペシャルエディションです!
さすがアメリカですね(作ってくれた本人はスイス人だけど)っていうホントに作ってんのか作ってないのかよく分かんない感じだったんで、もう全然期待してなかったんですけど、まさかのクリスマスに出来上がってくるとは!これわざとなのかな?サプライズなの?よく分かんないけどめっちゃめちゃ素敵に作ってくれました!有り難う!M!!



というわけで、この時期は本来ならばドイツのバードザルツフレンに居るはずだった私達。残念ながら2021年もその願いは叶わなかった。ショウ自体も2年連続でキャンセルで、あの素晴らしいショウが2年も開催されなかったことに本当に心が痛むけれどクヨクヨしても仕方がないから2022年を目指して明るく元気に過ごしたい。あの日、あの時、あの場所で逢った人達とまた笑顔で抱き締め合える日が訪れますように。大好きなみんなが健やかに明るく過ごせますように。


201812



写真はおとぎ話の中にいるようだった2018年のバードザルツフレン。







カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top