FC2ブログ

Suicide Customs inc

Category : talk to oneself

Arlen ness.




「Kohはアーレンに逢ったことあるんだよね?」


「うーん、見たことはあるけどあれは逢ったことにはならないよね。逢うっていうのはわざわざその人のために時間を割くってことだろ?俺はただ見かけたことがあるってだけ」


ふーん.・・・、Kohのフィロソフィーってのはこういうときに強く出てくる。



今から話すことはもう20年以上前の話なので、かなり曖昧な部分もあるし間違ってることもあるかもしれませんが、よかったらお付き合いを。当時から記念撮影嫌いというか、どんなに憧れ尊敬する人に会っても自分から声をかけて近づくことが苦手なKoh。そんな偏屈な性質ゆえに記憶以外の記録がどこにも残っていない。なのでKohの頭の中の記憶をたどるしか方法がないのだが、経験した本人には鮮明に残っているであろう記憶も、その時間を共有していない私には想像することすら難しい。どこへ行くにも独りぼっちだったKohの当時のアルバムを一緒に見返しながら、「あの頃はさ~」なんて二人で話せたらどんなに楽しいだろう・・・と今になって思う。あー残念でならない。


Kohがまだ10代だった頃、東京でモーターショウがあって(ショウの名前を失念)観に行ったKoh少年。今となってはその夢のような豪華さが信じられないのだが、そのショウにはネス本人とネスのカスタムバイクが5台ほど招待されて来ていた。その中にはあの泣く子も黙る名作TWO BADも展示してあったのにKoh少年は、「なんだよ、傷だらけじゃねーか」と大して興奮もしなかったんだって。「あんなものを見せられてもその価値がわからないんだぜ?考えられるか?それだけ俺が何も知らない何も分かっちゃいない無知な子どもだったってことだよ」あの頃の自分を振り返ると、ものを見る力の無さに唖然とするらしい。ものを見る力も考える頭も、本当に子どもだったんだなあ、と思うんだって。

そして時は過ぎ26歳になったKoh青年はアメリカへ。ラフリンリバーランでもネスを見かけた。まあ大きなショウやランに参加すれば有名人の一人や二人くらい見かけるだろう。そのときもそうだった。そしてそれらはいつもKohを興奮させなかった。

アメリカでのKohはそれはそれはお金が無くて、何かの冗談か?てくらいお金が無かったらしい。だけど少しの技術と知識を持っていたから、誰かが長いランに出るときにはトラブルがあったときのために修理担当として同行させてもらえるラッキーな仕事に巡り会うことが時々あったんだって。2001年のレッドウッドランもそういう経緯だったらしい。ここでもKohはネスを見た。でも今までの「見た」や「見かけた」とは全然違う、ものすごい強烈な見方をした。どこまでも続く砂漠の中を走っていたら向こう側からイエロー色のTシャツを着た大勢が走ってきてすれ違った。時間にしたら何秒?てくらい。でもその一瞬で、先頭を走っているのがネスパトロールに乗ったネスだとすぐに気が付いて全身の鳥肌が立って大興奮したんだって。そしてネスの後ろを走っていたイエロー色の集団は、あのハムスターズだった。これがKohがネスを見かけた最後になってしまった。


20190329


20190329




ネスのことをずっと親戚のおじさんみたいに慕ってネスおじさんと呼んでいた(勝手に) 正確にはネスの創り出す全てを心の底から憧れて尊敬して大好きで大好きで大好きで、もうそのネス愛はここには書ききれない。その大きな愛と憧れと尊敬は今ももちろん現在進行形で、今年1月のヴェローナでSTEED STERを見たコーリーとザックに声をかけてもらったときには、人生にこんなことが本当に起こるものなのか?と思ったのと同時に、本当はアーレンにも見てほしかったけど今年は来なかったんだなと少し残念に思っていたけどヨーロッパは遠いから飛行機で長旅するのも年齢的にも大変だろうね、と話していたの。今となっては本当にいろんな偶然が重なって不思議なんだけど、何か思うところがあったのか、ヴェローナから帰国してすぐに自分用のリッパーを作り始めていたKoh。先日もアメリカからそのリッパーに使うカウルが届いて「かっこいいだろ?」と私に嬉しそうに見せびらかしていた矢先の出来事だった。こんなことを言ったらKohにまた、「ただの話を美しい物語みたいに勝手に書くなよ!」と叱られそうだけど、オートバイの神様に導かれたとしか思えないことがKohにたくさん起こったの、20年以上の歳月をかけて。過ぎてしまえばあっという間、それでも長い長い20年だった。何だかしんみりしちゃうけど素敵なリッパーが完成するといーね!



2017ness





この偶然物語はもう少しだけ続きます










スポンサーサイト



頬を伝う涙は流れ星





201804











暇人のメランコリ






子どものころ、完成してるオートバイをわざわざぶった切ってカスタムする職業があるなんて知らなかった。いや正確には大人になるまで知らないでいた。


Kohは超現実主義者であり寝ぼけ眼で浮かれぽんちな私とは正反対。ある日セールで激安になっていた巨大な松ぼっくりを買おうとしたら、「頼むからそんな道端に落ちてるもんに金を使うのはやめてくれ」と真顔で言われた。別に私のお金なんだし自由にすればいいのに、まあいつかどこかで拾えるかもしれないな~、と買うのをやめてしまった。いつかのブログでも書いたけれどそれは夢の中でも同じで、虹色の貝殻がビニール袋に5個ほど入って980円で売られていて心の底から欲しかったのに、「落ちてるもんに金を使うな」とKohに叱られて買うのをあきらめてしまった。



少しくらい私のくだらないことにも付き合ってくれたらいいのに。たまにはオートバイから離れてみたら?気分転換とか必要でしょ。メリハリつけたほうが仕事の効率上がるんじゃね?
だがしかしこんなことは口が裂けても言ってはいけない気がする。この職業をKohが一生の仕事だと選んだということはそういうことだから。




20180319




この3月は身も心もあっちこっちに行きました。野暮用があり神戸港へも。港は活気にあふれていてリーマンショックのときとはまるで違う風景だった。残念ながら神戸での画像はなっしんぐ。上の写真はいつかのまだ肌寒い夕暮れを走るKoh.


留守の間、私の代わりに日常を書いてくれた石塚君ありがとう。感謝してます。


































6







父の影響(教育方針?)で本を読むことが好き。幼い頃に夢中になって何度も読んだのは「シートン動物記」や「ファーブル昆虫記」だった。作られた話よりも本当の記録を残しているような本に没頭した。先日、ひょんなことから引っ越すことになったのでもう読まなくなった大量の本を処分しようと思い、必要なものとそうでないものとを分けていたら面白いことに気が付いた。ほんの10年くらい前に読んでいた本のすべてが暗いこと暗いこと。カート・コバーンの日記とか、ニルヴァーナの詩集とか、もう暗いのなんのって。今はまったくそんなのは読まなくなった。あの頃は何をそんなに悲観していたんだろう。






20170602




写真集もたくさんあって、これは大好きなDr.Martensの写真集の中で一番好きな写真。今年もあと6ヶ月で終わる。











ぼくのたからもの







Kohの中で2017年の研究の課題はXS650らしく、大晦日からお正月になる瞬間もXS650のエンジンをふたりでばらしながら過ごしたのも今はもう懐かしい想い出、、、ということでもう今年も半分が過ぎ去ろうとしています。やばいよやばいよー、とは言っても何か締め切りや期日があるわけではないのですが。Kohの生活はそれはそれはケチくさい慎ましいものですが、昔っからオートバイだけにはケチな事をしない。そして本日、研究材料となるXS650のエンジンがまた届いた。いや、いいんですよ、ご自分の人生を捧げるほどに熱中できるものなんですもの、どれだけでも没頭してください。




20170510





伊達君が、届いたばかりのエンジンを慎重に運んでいたら、「おい、あんまりジロジロ見るんじゃないぞ、俺のエンジンなんだからな」と注意していた。小学生か?と突っ込みたくなるけど、、、宝物なんだね!











カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top