FC2ブログ

Suicide Customs inc

Category : 日常

FRED KODLIN MOTORCYCLES.






20200811




Kohが自身の勉強と研究の為に手に入れたカスタムの歴史に残る傑作であろうShine. 製作したのはヨーロッパのアーレン・ネスと呼ばれるフレッド・コドリン. ドイツからアメリカへと海を渡ったShineは、何かの冗談みたいな色と模様に塗り替えられていた。その変わり果てた姿を見てひどくがっかりしたKohは、Shineを元の姿に蘇らせることをフレッドと、彼のご子息であるレンに約束しました。私との約束はすっぽかすKohですが、こういう約束は何年かかっても必ず守る。







20200916




がりがりがり、、、ごりごりごり、、、





20200916



表面の塗装を丁寧に慎重に剥がしていく。素人目(私のことです)には、そんなことしたって傷が付いちゃうだけで無理でしょ?と思いながらも静かに見守ること数日、、、




20200916





すごい!!ほんとに出てきた!!!





20200916




今まで写真集でしか見たことのなかったShineが、今まさに目の前で蘇ろうとしてる!感動!感激!さっそくフレッドとレンに写真を送ったら、めちゃくちゃ喜んでいた。Shineに関するたくさんの資料をKohに手渡してくれた二人に感謝。

表面を剥がす為にShineからエンジンを下ろし自分の手でばらしたわけですが、その時のKohが、「いやあ、参ったよ。もう両手を挙げて彼にひれ伏せたい気分だ。完璧なんだよ、パズルみたいにさ、一つ一つのパーツがパチン、パチン、と見事に考えられてる。これを20年前に作ったんだよ?信じられるか?さすが俺がずっと憧れて尊敬していた人だ!と嬉しかったよ。だから俺は今ものすごく興奮してるんだ」と鼻の穴をまん丸にして誇らしげだった。



20200916




写真集を頭の上に置いて、エンジンの隣にお布団を敷いて眠る日々。










スポンサーサイト



ここで土になる





何が何でも、そういう覚悟でやってきた。



一年前のKohと、


20200416






今日のKoh.


20200416




眠っているときも働いてるときも、決して頭も心もオートバイから離れない離さない離れたくない、そういう、時には強すぎちゃって困っちゃう精神と愛は地球が引っくり返っても変わることはないでしょう。もうこうなったらとことんアンタに付き合ってやるよ!という人たちに協力してもらって、今日もスーサイドカスタムズは工業地帯の片隅でオートバイの部品を作っています。














mooneyes





普段はケチケチ生活を送るKohですが、オートバイに関してはケチらない信条を持つKoh. ご自分の勉強の為にアメリカで見つけた車輌が横浜の港に到着したので早速取りに行く。いつものように事務所で寝てたら起こされて寝ぼけ眼のまま車に乗せられ、まさかの午前二時半に出発しました。ちーん



20200317



しばらく走っていると少しずつ朝日も昇ってきて見事な景色で目が覚める。「ねえ、あれ富士山だよねえ!」と私が感動していると、「違うんじゃない?」とKoh. いや、間違いなく富士山だから!富士山わかんないとか日本人としてどうなの?まあそれがKohという人。横浜の港に到着して無事に車輌を受け取ったら、「近くにムーンカフェがあるからそこでお昼にしようか」と嬉しいことを言ってくれた。ひゃっほー



20200317




20200317



そして仲良しのmoonのM井氏に新しく手に入れた車輌を見せびらかす(笑) そしてどこに行っても長居は無用のKohは、とんぼ返りでスーサイドに戻ってきましたとさ、ちゃんちゃん!












liqui moly




2019年2月のイタリアのヴェローナMBEで知り合って今も仲良くしてもらってるスイス人夫妻t4motorcyclesがいるんですが、彼等に出会うまでスイスって何語を話すのか全く知らなかった。フランス語とドイツ語など4つの公式言語があるんだって。t4とは2019年8月のスタージスでも再会したのだけれど、英語が話せない二人は親切なアメリカ人夫妻butteras metal werxに助けられながら様々なことに挑戦していて、とても好感が持てた。言葉や人種の壁を言い訳にせず明るく謙虚な姿勢でチャレンジしている姿が素敵だったし、きっとまたどこかの国で逢えると思うと、よーし次もがんばるぞー!と心の底から励まされた。オートバイって本当に本当に最高だと思う!




20190219



日本に帰国してから偶然またスイス人と知り合うことになった。それがNコラ。彼は日本在住のスイス人だから日本語が日本人並みに流暢で、この際だからいろんなことを質問する。スイスが4つの言葉を使うこともNコラから教えてもらった。ちなみにNコラはスイスの中でもドイツ語を話す地域の出身なんだって。だから弟さんとはドイツ語で話してた。ちなみに私の妹はドイツ人と結婚してドイツでもう20年暮らしている。夫とは英語で話し、娘達とは日本語で話す。その娘達は妹(母親)以外の家族や友達と話す時はドイツ語。去年の夏休みに一ヶ月の休暇をとって私の家にも泊まりにきたが、ちっちゃいくせして三ヶ国語を自由に話す子ども達を見て自分と同じ遺伝子を持っているとは思えない脳みその差を感じた。ちーん



20190219




というわけで、Suicide Customsではドイツ製のオイルLIQUI MOLYを使っていくことになりました。どーぞよろしく!







写真家 磯部孝夫さん






大大大大大好きな写真家、磯部氏が来てくれた!!!




何年か前に,、bill wall leatherのBル氏の妻Aちゃんの素晴らしく素敵な写真がHOT BIKE JAPANの裏表紙になっていて、こんな素敵な写真誰が撮ったんだろう?と思っていたら、それが磯部氏だった。あまりに素敵な写真だったからマリブに行く時にお土産でBルとAルマに持って行ったくらい。そのすぐあとにランブルレーサーも磯部氏に素敵に撮影して頂いて、同じカスタムバイクでも撮る写真家によってこんなにも違うものになるのかー、と衝撃を受けた。でもその撮影の時、残念ながら私は不在でお逢いできなかった。



20200201
(この写真の撮影は伊達君です)


今回、滝ボルを撮影しに来てくださった!うれしーーーーー!!!

これがまた、その辺で適当に撮って終わりじゃなくて、素敵な場所をわざわざ提案してくれて、そこまで滝ボルを移動させて撮ってくれたんだ。



20200201



今アメリカに置いてあるスピードスターや新しいプロジェクトバイクも、いつか磯部氏に撮影して頂けますように。あー、ほんとに嬉しかった。素敵だった。しびれた。一生忘れないです。







カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top