FC2ブログ

Suicide Customs inc

Category : 日常

アオスジアゲハ






スーサイドの片隅にあるちっちゃなお風呂(手洗い場とも言う)で、じゃぶじゃぶ顔を洗い今日一日の汗を洗い流す。ふーっ今日も暑かったなー!とタオルでごしごしと拭きながら振り返ると・・・




20180724





蝶々がいた。かわいい











スポンサーサイト

sunny side up.





LAX空港からデトロイトへ向かう途中で心に残る素敵な家族に逢った。ヒスパニッシュ系と思われるその家族はおじいちゃんとおばあちゃん、そして私達よりも少し若い夫婦、そして三人の子ども達。Kohの目の前に末っ子の男の子が座った。左側におばあちゃん、右側にお姉ちゃん、その横におじいちゃん、パパとママとお兄ちゃんは私の右側に並んで座りました。
お姉ちゃんがピンク色の可愛いリュックからノートとカラフルなペンを取り出して静かにお行儀良く塗り絵を始めた。おじいちゃんも挑戦させてほしいとお姉ちゃんに色のアドバイスをもらいながら老眼鏡をかけて真剣に取り組み始めました(その後、子ども達が飽きてもおじいちゃんだけは搭乗手続きの放送が聞こえるまで塗り続けた。恐るべし集中力!)
みんながやっているとやってみたくなるよの末っ子の男の子が塗り絵のキャラクターの顔をぐるぐる塗りつぶして爆笑している。つられておばあちゃんも爆笑。お姉ちゃんはまったくもーみたいな顔で弟に塗り方を教えてあげていた。

「ねえ、あの男の子俺にそっくりじゃないか?」 Kohがつぶやいた。まあ私も最初っから思っていたけど笑っちゃうくらいそっくりだよね。「俺やっぱり先祖の誰かにこっちの血が混ざってんじゃないかな?」 真剣な顔で考え込んでいる。そーかもしれないねえと笑いながら退屈だったはずの空港の長い待ち時間はこの家族のおかげであっという間に楽しく過ぎた。


さていよいよ搭乗手続きの放送が。「ちょっとトイレ行ってくるわ」とKohが席を立ち去った途端、今まで私と目が合えばニッコリ笑い合うくらいはしていたその家族が一斉に私を取り囲んで質問してきた。「どこへ行くの?」 デトロイトです。「そーなの!?私達もデトロイトに行くのよ!デトロイトには何をしに行くの?」 デトロイトは乗り換えに寄るだけで日本に行きます。 「日本に?何日滞在するの?」 えーっと私達は日本人なので日本に帰るんです。「えーーー!あなた達ジャパニーズなの!?」

全力で質問をぶつけてくるおばあちゃんとママの隣ではにかんでるお姉ちゃんの横にパパがいた。どうしても言いたかったことを勇気を出して聞いてみた。「さっき娘さんが塗っていた塗り絵がとても美しかったので写真を撮らせていただけますか?」 パパはもちろんですよと言ってお姉ちゃんに伝えてくれた。はにかんでいた笑顔がもっとはにかんで塗り絵をリュックから出して見せてくれた。「とっても上手ね。すごく素晴らしくて美しい塗り絵を見せてくれてありがとう」とお姉ちゃんに言うとパパが、「娘を褒めてくれてありがとう」と言ってくれた。
床では末っ子の男の子がぐるんぐるん回転していた。「彼はね今から生まれて初めて飛行機に乗るから興奮しているんだよ」とパパが教えてくれた。彼はとってもグッボーイね!と私が言うとおばあちゃんがイエスイエスと男の子の頭をなでてあげた。

Kohがトイレから戻ってくると家族は蜘蛛の子を散らしたようにありがとうとバイバイを言って搭乗口の方へ行ってしまった。私は今の出来事を興奮してKohに伝えた。あなたがそばにいてくれたらもっと言いたいことをたくさん伝えられたのに。私の言葉が少なすぎてとても残念だったことを話すと、「バカだなあ、俺がいないから123のそばにきてくれて話しかけてくれたんだよ」と言っていた。




20180611




飛行機が離陸するとき、後ろの席から「ひーーーーひゃっほーーーーう!」と興奮が最高潮に達した雄たけびが聞こえた。絶対にあの男の子だと思う。Kohとお腹を抱えて笑った。あの家族の幸せがずっとずっと続くといい。











Bill Wall Leather.






Bill Wall Leatherの工房に行ってきました。



20180611




予定より早く到着したので近くの海や山を散歩した。山でフォレスト・ガンプとジェニーの木のそっくりさんを見つけたので、しばらく木登りをして遊ぶ。思えばKohとこんなふうに過ごしたのは初めてかも。大きく伸びた木の枝に座って今までのいろんなことを想う。




20180612






さて、約束の時間だ。



20180612




Billが私のブレスレットに特別な言葉を彫ってくれた。「これは僕が彫ったものだけれど彫ってある言葉はKohの気持ちだからね。」と言ってくれた。涙がちょちょぎれそうになったけどその場がしらけるから泣くのは我慢。それからKohと私が20年一緒にいること、その20年の間で初めて一緒に旅行(仕事だけど)したのがここだという話をした。するとBillも奥さんのAとは13年間、仕事以外で一緒に旅行したことがないこと、交際9年目で結婚しないならもう私はあなたの許からいなくなるわよと言われたこと、そして今年結婚したことを話してくれた。「それでもまだAは僕のそばにいるから大丈夫!」と笑っていたけど、こっちの涙腺は崩壊寸前。でもここは泣くところじゃないから我慢した。



20180612



BillとKohが仕事の話をしている間、13年来のBillの仕事のパートナーJに中庭を案内してもらった。中庭にはたくさんのハーブが育っていてJはひとつひとつ手でこすりながら香りを嗅がせてくれて、これはパンを焼くときに混ぜると美味しいのよ、ローズマリーは日本にも生えてる?にんにくを植えると蚊がこないのよ、とたくさんのことを教えてくれた。私も庭でローズマリーやミントを育てていることを話して私達はすっかり仲良しになった。



20180612




今回の旅の一番の目的だったコッキー改めスピード・スターのバッテリーケースにエングレイビングをしてもらった。素敵なバッテリーケースがもっともっと素敵になった。せっかくなので記念撮影。実は二人とも写真が大嫌い。

「9月にスーサイドカスタムズに行きたいんだけど、行ってもいいかい?」 とBillから相談された。夢だけど夢じゃなかったことが時々起こる。それのひとつが9月に起こるみたい。




20180612




何処へ行っても長居は無用。用が済んだら帰ります。Billをはじめ工房で働くBン、Jアンナ、Mゲルおじさん、そしてその他のスタッフのみなさん、親切にしてくれてありがとう。また9月にお逢いましょう!今度はスーサイドで。あー掃除しなくっちゃ。





20180612




今回の旅の宿はロングビーチ。




20180612




世界の何処へ行ってもオートバイから離れないKohである。アメリカ滞在記はもうしばらく続く・・・












真夜中のダンス





真夜中にフォークリフトでクルクル回転して遊んでいたら、車のフロントガラスに突っ込んだ。Kohが。



20180609




だ、だいじょうぶですか?車の心配じゃなくてKohの頭の心配。













スーサイドへ戻る







20180322


20180323




トラックの中で突然のこむら返り(足がつる現象)にのた打ち回るKoh 「ふくらはぎから何か生まれるー!」「あー!ふくらはぎの丸いやつ(筋肉のことだと思われる。)が取れるーーーー!」 笑いすぎてちびりそうになりながら無事スーサイドに戻る。オートバイがあればみんな幸せ。











カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top