Suicide Customs inc

Date : 2013年07月

ヲタタイム!!



実は今月3度目の、、、 ヲタタイム!!!!


1

2

初めのうちは、「ちゃんとS先生の言ってることを頭に入れなくちゃダメだよ。」なーんて大人みたいなこと言っちゃってソファに座っていたKoh... でーすーがー、うずうずうずうず


3

ちょっと僕が手伝ってあげるよ、   あー、始まっちゃったYO!


5

もうこうなったら少年の部屋と化すスーサイドの事務所。あ、しかも一人暮らしのバイクヲタの部屋に集まるバイクヲタの友達とその友達のバイクヲタ、という設定。


6

あー、みんな我慢してたのに喜びが抑えきれず溢れてしまったS先生。


7

8

さっきまでソファの上から指示を出していた人とは思えない交わり具合。


00


そしてこの後、XS650のエンジンはフレームに載せられ美しく滑らかなエンジン音を奏でオイル漏れがピタリと止みましたとさ、めでたしめでたし(Hさん、貴方の元XSでございますよ、大変でしたのよ、まじで!)




印象に残ったことを少し。

Kohが本気のサッカー少年だったことは以前にも書きました(ムチムチした太ももが唯一の名残り)偶然ですがS先生も生粋のバスケット少年だったのだそう。2人とも高校生になるまでは寝ても覚めてもスポーツ一色の生活をしていたのに高校生になった途端その情熱の灯は消えてしまったらしい。そう、少し大人になった2人はオートバイに目覚めてしまったのでした(親御さんは相当ガッカリしたことでしょう)それからズブーっとオートバイにのめり込み、やがて幸か不幸かオートバイを職業にしてしまった2人。

「男なんていつまでたっても子どもだからねぇ~。」なんて自分で言っちゃう男なんて退屈でウンザリだけど、ヲタの怖いところは自覚症状がまるでないってとこ!! 恐るべし愛しきヲタなのだ。L♡VE!!














カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top