Suicide Customs inc

Date : 2015年02月

東メラティーの撮影








本当は明日の午前中に東メラティーを撮影する予定でしたが、やはりお天気が心配でしたので急きょ本日夕方に撮影することに。暖かな夕陽が東メラティーを優しく照らしてくれて、思い切って今日に変更して正解だったかも。



1

                                               (撮影:R)




ある場所で撮影をすることになった東メラティー。近くのグラウンドでサッカー教室の小さな子どもたちを見かけたRが、「123、東メラティーの周りを小さな子どもたちが囲んで笑っている写真を撮りたいから交渉してきてくれないか?」と私に相談してきた。「それはとっても素敵になりそうだね!」と喜び勇んでサッカーを教えていた先生に駆け寄ってみるもプライバシーのナンチャラカンチャラでどーたらこーたら、、、、とものすごーく嫌~な態度で断られた。近くで聞いていた子どもたちが声を揃えて、「ボクは写してほしいのにー!!!」と盛り上がっていたのが唯一の救いだったけれど、私はとっても残念に思ったしRもガッカリしていた。実現したら楽しかっただろうなぁ





無事に撮影も終わって事務所で休憩していたら、撮影の時には一度も顔を出さなかったKohが、「よし、少し出掛けようか?」とRとTちゃんを誘いに来た。たとえゲストが海の向こうから遥々お越し下さったとしても、仕事を休んでどこかへ遊びに行くなんて言葉はKohの辞書にはないけれど、それでも自分の出来るだけのことはしてあげたいと考える人ではある。


RとTちゃんが都会の夜景が観たいと言うので高速道路で名古屋へ向かった。




                       ❤❤❤❤❤❤❤❤






2




名古屋で有名だと思われる場所、夜景が美しいと思われる場所に思いつく限りご案内しました、私が一人で。なぜならば、Kohは車から一歩も外に出なかったから、という驚愕の事実。英語とインドネシア語しか話せない二人と日本語しか話せない私がへろへろになりながら(へろへろなのは私だけでRとTちゃんはかなりはしゃいでいた)一時間以上も一緒に都会の夜を散歩して今夜も無事に終了。RとTちゃんのスーサイド滞在記はもうちょっと続く、、、


























カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top