FC2ブログ

Suicide Customs inc

Date : 2020年12月14日

Cyril Huze.




夕食の準備をする。体のことも考えて健康に良さそうなものを用意するんですよ、一応ね。それなのに、「あのね、俺は自分の好きな時に好きなものを食べたいんだ。俺は123にそーいうことを求めてない。頼むから俺を型にはめようとしないでくれー!」と訳わかんないとこで怒るんです。もうずっとこんな調子だから私もいい加減あきらめればいいんだけど、気になるじゃないですか。やっぱりこの人にはいつまでも元気でバイクをカスタムしていて欲しいし。
寒い夜に熱々のおでんを作ってもコンビニに冷めた弁当を買いに行くような人なんですよ。いくらなんでもひどいでしょ?普通だったら離婚なんでしょーけど、結婚してないもんだから夫婦喧嘩ってのもできない。


ねえ、あなたってさ、私に何を求めてんの?と聞いてみた。そしたらね、ニクイ返事が返ってきました。
「俺はね、123にバイクの世界をもっと俺と一緒に知って欲しいんだよ。ただそれだけ。」
ふーん。で、あなたはどうなりたいわけ?
「俺は俺の尊敬する人たちに俺の作ったものを認めてもらいたい。それが俺の望みであり夢だ。」 だって。



20201214



だからね、ひょんなところでKohの制作したカスタムバイクの記事を見つけると、とっても嬉しいし、書いてくれた人に心の底から感謝するんです。Kohの創ったものに気づいてくれて有難う、見つけてくれて有難う、評価してくれて有難うございます、て。










スポンサーサイト



カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top