Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

Tomas House♡




遠い昔、人類は地球が丸いことも知らず、海の向こうには終わりがあると思い地球の端からは滝のように海水が流れ落ちていると信じていた。時代は進みやがて世界はぐんと狭くなり、もはや地球が丸いことは幼稚園の子どもでも知っていて、海には終わりもなく当然のように地球の端っこは滝にはなっていない。そんな現代、行ったことも見たこともない国の人たちともSNSですぐに友達になれちゃう時代がやってきた。私達の若かりし頃の、友達、というニュアンスからはずいぶんとかけ離れたペラペラの友達関係である。なんだか胡散臭いな~、との思いと共に私もKohもあまり友達がたくさん欲しいわけでもないのでスーサイドのSNS担当は本人の意志をまるで無視してDTということになっている。

特に興味もないまま、DTのFaceBookをたまに覗いたり勝手に画像を張り付けたりしていた先日、突然アイルランドに住むRから 「君たちのつくるバイクはかっこいいね!ぜひとも僕のお店のTシャツをプレゼントしたいから住所を教えて!!」 と連絡が来た。 ま、いつもの外国人のノリだろーね、と思ったが一応スーサイドの住所を教えてあげた。



ら、



まさかの、




1


Rから小包が届いた!!!!!!!!! 宛名は、「YUUK DATE(ユークダテ)」 ちょっとかっこよくなってる(笑)



2

日本では絶対に販売されないであろう切手のデザイン。アイルランドでは有名な魚なのかしら。現在ドイツで暮らす妹がドイツに渡る前に住んでいたアイルランド。夏が短くて冬の長い海の美しい国です。



5

6

8


そんな美しいアイルランドで、「ThomasHouse」 という名のBarを営んでいるらしいR. TruiumphとHotrodを乗り回すナイスガイ。本当ならお礼に食事にでも伺いたいところなのだが、なんせアイルランド。残念ながらすぐには叶わない。


SNSで繋がった友達を半ば冷めた視線で見ていた私たち。バーチャルな世界のように感じていたのも確か。でもこんなふうにスーサイドのつくったバイクのファンになってくれてあたたかく応援してくれる人たちとも繋がることが出来るなんて思ってもみなかった。SNSって素晴らしいんですね!、なーんて昨日までは新しい文化を受け入れることが出来ず頭がカチンコチンの、、、そう、まるで大昔の人々が地球の端っこが滝になっていると信じて已まなかったのと変わらなかった私たち。そんなことを反省した本日でございました。




最後にRへ。

To R.
I got your shirts today.Thank you very much.I am so happy!!!




そして、SNSの友情はRだけではとどまらず、今度はスーサイドにとんでもない風を吹き込むことになるような、ならないような、、、その話はまた次回!!









スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://suicidecustoms.blog48.fc2.com/tb.php/1014-b63abfdc

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top