Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

N.Yからこんにちは



N.Y在住のMからスーサイドに沢山の画像と共にメールが届いた。その沢山の画像はすべて、


1


もはや懐かしささえも感じるこのサンダーヘッドでした。メールの内容は、、、


「こんなバイクどうやってつくったの?僕も今カスタムバイクを作っているんだけどね、どうしてもスーサイドのつくるパーツを使いたいんだよ。特にこのオイルタンク、、、分けてくれないかなぁ。」




嬉しいことを言ってくれる。




このサンダーヘッドがいよいよ完成しますよ、というところまできた頃、私はスーサイドから帰る車の中で胸がいっぱいになってよく泣いていた。もう完成を想像するだけで泣けてしまうのだった。それくらいこのサンダーヘッドには思い入れがあった。基本、つくったものに余韻を残さないKoh.つくっている最中の数年間は全神経をバイクに注ぎ込むが、完成した途端もう次のカスタムに完全に頭も気持ちも切り換えるので、過去につくったものはKohの中では過去でしかなくなる。がしかし、海外の人たちによってこうしてまたタイムスリップしてKohの意識の中に戻ってきてくれることが度々ある。Kohにとって本当にバイクビルダー冥利に尽きる瞬間であると思う。



このオイルタンクはこのサンダーヘッドの為だけにつくったものなのでMに同じものを譲ることはできませんが、Mのカスタムバイクに何かしらスーサイドのパーツが使われる日も遠くはなさそう。そうそう、先日アイルランドのスーサイドファン代表Rから届いたTシャツのお礼に、箱いっぱいにスーサイドのパーツを詰め込んでコソコソと送っていたKohを私は知っている。照れ屋さんめ。Rが喜んでくれるといーね!!



バタバタしていてブログに書けませんでしたが(画像すらナイ。ごめんなさい)先々週も海外から遥々スーサイドに来て下さった御夫婦がスポーツスターを注文して帰っていかれました。奥様のIとはメールで長い間やりとりしていましたが実際にお会いしたのは初めて。こんなふうに自然なカタチで緩やかに、でも確実に、スーサイドのつくるカスタムが世界に広がっていくといーなー、と願ってやみません。









スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://suicidecustoms.blog48.fc2.com/tb.php/1020-f49bab84

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top