Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

本能の赴くままに






ピリピリピリピリピリピリピリピリ




目の前にKohの体は存在するのに、Kohの心は此処にあらず。忙しさの中でKohが自分を見失っている、いや、淋しさの中で私がKohを見失っている、と言ったところか。







スーサイドには数年前から何匹かの猫が出たり入ったりしているけれど、Kohはいつもその中の一匹だけを選んで特別に可愛がる。その愛情と差別はあからさまであり、猫達もそれを理解し、わきまえて行動する。Kohは人間とも同じような付き合い方をする人である。大勢の仲間と派手に楽しく過ごすことは決して好まず、信頼できる何人かの人を意識的に選び、地味だけれど心の底から大切にする。そしてそのお付き合いはいつも大変永いものとなる。恋人に対する接し方は一辺倒で、何年か前までは何処で食事をするにもテーブルの下で私の両足を自分の膝の上に乗せてご飯を食べる、という溺愛ぶりだった(毎日一緒に食事をする今となってはもうそれはない。まったく淋しいことである。)



1


Kohが誰か(動物も含む)を想う気持ち、もうこれはMちゃんの言う通り本能そのものなのである。





















スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://suicidecustoms.blog48.fc2.com/tb.php/1039-6e52ff14

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top