Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

滝ボルギーニじゃなくてランボルギーニ




滝ボルギーニが一段落してホッと一息の空気が流れるスーサイド。何カ月ぶりでしょう、この感じ。と、突然Kohが何かを思い出したように、「今日はちょっと夕方に出かけるよ。」 と言った。わーい、どこに行くのか知らないけれど嬉しー!



1



え? おもちゃ屋さん??  真剣に選ぶKoh. がしかし、もう腕にはしっかり選ばれしラジコンが。




2


じゃんじゃかじゃーーん、本当はムルシエラゴが欲しかったのだが、小さいのしかなかったので一番大きなアヴェンタドールにしたらしい。よーし、目の前の公園で思いっきり走らせるぞー!!!


というわけではなく、これはJJの家族へ。 




今回の滝ボルギーニプロジェクトは当然みーんなが必死で頑張ったのだが、その中でもKohがビックリするくらい大活躍してくれたアルバイトのJJ. こちらがお願いしたわけでもないのに、本業の仕事が終ったあと自主的に毎晩のようにスーサイドに来てくれて、日付変わるまで一緒に滝ボルのために踏ん張ってくれた。もちろんビルダーはKohである。Kohの存在なしでは滝ボルは生まれなかった。けれど、こうして陰で支えてくれる人達がいてくれたからこその滝ボルギーニなのである。そして、その人達を支えてくれているのがそのご家族なのだ。JJがこうして毎晩遅くまで大好きなオートバイに携わっていられるのはご家族の協力や理解があってのこと。人は人に想われて初めて人を想うことが出来る。



いつもありがとう、淋しくさせていたらごめんね、でも、あなたのパパはとっても立派な人です。

















スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://suicidecustoms.blog48.fc2.com/tb.php/1162-9e1b3000

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top