Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

ジャカルタからこんにちは







あれ???



1




いつもと寝てる人が違うぞ???



昨日、横浜で開催されたムーナイズのショーをレポートする為に来日していたRが、新幹線に乗ってスーサイドまで来てくれたのだ。R------!おひさしぶり!!!


RとKohの付き合いは長く、Kohが日本とインドネシアを行ったり来たりしていたころから。知り合いもいない、友達もいない、そんな遠い異国の地インドネシアでたくさんの事に挑戦しようとしていたKoh.今でこそアジアが少しずつ注目されてきているものの、当時インドネシアのバイク屋をうろちょろしていた日本人はKohくらいだったのではないかと思う。
あの日もどこかのバイク屋に行ってイヤな気分になって店を出て、ブツブツ文句を言いながら独り歩いていたKoh.そんなとき、Kohを追いかけて話しかけてきたのが当時アスコマックス(インドネシアのバイク雑誌)の編集長をやっていたRだった。



「あなた、何をしている人ですか?」 とR. 「僕はバイクビルダーです。」 とKoh.



当時製作していたスカーレット(赤いバイク)やメタルメンタル(シルバーのバイク)の写真を見せると、途端に大興奮したRは、その後Kohをいろんな場所へ案内してくれた。そしてRの計らいでスカーレットはアスコマックスで取り上げられ、そしてKohはインドネシアの新聞にまで載った(だがしかし、そのようなことに全く興味の無いKohは、それらを大切に保存することなく行方不明)


あれから何年も時は経ち、アスコマックスを退社したRは現在もメディアで活躍しているのだが、昔と変わらずKohを慕ってくれて、来日すると必ずスーサイドに寄ってくれるのだ。とはいっても出張は120%の確率で東京なので、スーサイドのある愛知まで毎回わざわざ新幹線に乗って逢いに来てくれるのだから本当に嬉しい。


昼はネパール人の友人ダルビッシュが経営するレストランへ行ったのだけれど、日本人のKoh、インドネシア人のR、ネパール人のダルビッシュ、というトンチンカンなメンツ。そして会話は誰の母国語でもないイングリッシュ、というヘンテコな空気の中での楽しい食事になりました(残念ながら画像はナッシング)

そして今夜は滝ボルのオーナーT氏もお誘いしてアジアンレストランで夕食を楽しみ、そのあとKohからのプレゼントである温泉付きのホテルにご案内するフルコースでRに愛知県を堪能していただこうと思います。












スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://suicidecustoms.blog48.fc2.com/tb.php/1236-e3737271

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top