Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

今日もDMG.






「あのねぇ、オートバイのカスタムをアートだとか芸術だとか言っちゃいけないよ。周りから言われちゃうのは仕方ないにしても、つくってる本人が言っちゃうのはどうもよくない。オートバイなんてのは、ただの乗りものなんだからさァ。」



これは常日頃Kohが言っていること。照れくさくてそんなふうに言うのか、本心でそう思っているのかは知らないが、オートバイが芸術だなんて何だかつまんないナ、と私も思う。それでも、POPヨシムラの穴だらけのディスクローターを見たときにはバッキーンと何かを感じて涙があふれた。軽量化のために極限まで穴が開けられたペラペラディスクローターは、それこそ芸術的なまでに美しかったのだが、それは造形から放たれるものではなく、ヨシムラの執念や殺気がディスクローターに乗り移り、その乗り移った凄まじい精神が芸術的だったのではないかと思う。でも、これも私の勝手な解釈であって、決してヨシムラがそれを狙っていたわけでもないだろうし、意識していたわけでもないと思う。自意識の無い、目に見えないものに美しさは宿り、それが形あるものに乗り移って人々を感動させるんじゃないか。それをもしかしたら、「芸術」 と言うのかもしれないなぁ、なーんてね。






1



さて、丸っと二日間朝早くから夜遅くまで続いたお茶の水博士の講習も一段落した本日、帰り際にいろんなお話を聞かせてもらった。日本を始め、世界中の人々に技術を教えることが仕事のお茶の水博士。今まで行った国で一番怖かったのがイスラエル。昼間は爆撃されるので夜しか飛行機が飛ばず、空港に到着するのは毎回早朝5時とかなのだそう。他にも野菜がトマト、パプリカ、ズッキーニしかないベルギーのつらい食事に悩まされた話や、ドイツのパンが堅くて日本の柔らかい食パンが恋しかった話、昔はユーロがなかったからヨーロッパでは国境を超えるたびに換金しなくちゃいけなくて大変だった話など、何時間聞いていても飽きない面白話をたくさん聞かせてもらい、とても楽しかった。普段、人の話を全く聞かないKohも、自分が体験したことと重なる部分もたくさんあってか興味深そうに聞いていた。



最近のブログが偏屈というか理屈臭いのは、たぶん年の瀬も迫ってきて自分なりに今年を勝手にまとめてるんじゃないかと思われる(笑) しばしお付き合いを。





















スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://suicidecustoms.blog48.fc2.com/tb.php/1248-46675386

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top