Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

近ラーリ(1973XLH)のスプローター






設備を整えることが技術の向上につながるはずだ、という考えのもと、長い年月をかけてスーサイドをつくってきたKoh. 考え方は人それぞれですので正解はありませんが、それでも設備をひとつ増やすたびに、自分の手から創り出せるものがひとつ、またひとつ、と大きく広がっていった。若いころに海外の尊敬するバイクビルダーの皆さんの工場を訪ね歩くたび、日本では見たことも無いような充実した設備に、何度も打ちのめされながらも、決してあきらめなかったことが、後々のKohのカスタム人生に 「ものつくりの限界」 を与えなかった、と言っても過言ではないように今は思う。それでも、創れるものが増える、ということは、創りたいものが増える、又は、創ってみたいものが増える、という、出口のない挑戦の迷路に迷い込む、ということでもある。新しいものを創ることに挑戦する日々は、傍から見ていてもいつも苦しそうで、もう少し肩の力を抜いたらどう?とアドバイスしたくなるほどだ。好きなことをやっているのに贅沢なこと言ってんな、とも思われそうだが、本人曰く、好きだからこそこんなもんでいいだろう、と思えないところが心底辛いらしい。それでも完成した時の喜びや達成感は、それはもう相当なものらしく、長年一緒に過ごしてきた私でも今まで見たことの無いような表情をKohがするときがたまにあって、そんな時は、本当によかったなぁ、と心の底から思うのである。



1



今つくっている近ラーリのスプローターも、そんな新しい挑戦のひとつであり、きっと完成した時にはあの表情になるのだろうなぁ、と想像すると完成が実に楽しみなのであーる。







スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://suicidecustoms.blog48.fc2.com/tb.php/1369-4ea6387a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top