Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

少年の部屋よ、さようなら





自宅があるくせに一年のほとんどをスーサイドで暮らすKoh.

大きすぎるんじゃないか?と思えた100坪の工場もあっという間に工作機械の迷路になり、12畳ほどの事務所もいつのまにやらKohの私物満載の、ただのオートバイ好きな少年の部屋になってしまった。世界のどこへ行こうが誰に逢おうが記念撮影もせず、土産なるものも何一つ買わないのに、本だけは自分の荷物を捨ててでも大量に持って帰ってくる人だった。お金があっても無くても、それが高くても安くても、構造を知りたい、試してみたい、という衝動を抑えきれず、世界中から様々な部品を買い漁った。それらが蓄積して少年の部屋には膨大な量のオートバイの本と部品が埃まみれになっていたけれど、どこになにがあるのかKohの頭の中ではきちんと整頓されていて、私が片付けようとすると大騒ぎして阻止していた。私達にとっては世界一居心地の良い少年の部屋。




1




が、昨日から跡かたもなくぶっ壊されております。淋しい気もしましたが、ものすごい数の本や部品を新しいニ階の新事務所に運んでいる間に心身ともに疲れ果て、懐かしさも愛しさも想い出もすべて吹っ飛んで行きました。

今まで何でもかんでも自分たちでやってきましたが、今回は素敵な人が素敵な部屋を考えて下さったので、プロの大工さんにお願いしてそっくりそのまま作っていただくことにしました。おしゃれな雰囲気が照れくさくて少し苦手な私達が挑むまさかのお洒落空間(笑)

新しい部屋の名前は、「プリズム」 です。どうぞよろしく!











スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://suicidecustoms.blog48.fc2.com/tb.php/1430-27e834c6

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top