Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

スーサイド今昔物語





Kohが相変わらずの徹夜をして清々しい朝を迎え一言。「あぁ桜も散ってしまったんだねぇ」

え?ゴールデンウィークも終わってもうすぐ梅雨ですよ?



1



Kohの中では時間が止まっているようですが、作業は順調に進んでおります。サイドパネルの本溶接が完了。左下のちっこいショートケーキみたいなのはバッテリーボックスを固定するための板に装飾を施したもの。性格も細かいがやる事も細かい。今までのKohから創り出されてきたものは、足すカスタムではなく引くカスタム。余計なものは加えないが必要なものも削ぎ落とさない。例えば見せたくない部分は全部隠す、でも必要な部分は無くさない。隠して見えないようにするけれど決して取り除くことはしない。フレームにウインカーを埋め込むのも、オイルタンクの中にオイルラインを入れるのも全部がその理由。Kohの理想や好きなものは、必要なものは全てそこにあって、それでいて何も見えないもの。もっと言えば。見ようとしなければ何も見えてこないものを好む。だがしかし今回の近ラーリは、Kohには珍しく細かな装飾が所々に施される。この辺にもKohの苦悩や挑戦を垣間見ることができる。





こんなことばかり書いていると、Kohが難解なものつくりしかしないカタブツな頑固者だと思われがちだが、決してそうではない。



1




このように、カブのマニホールドをつくったりもする。これは頼まれものですが、こういうものをたまにつくると気分転換になるらしい。それに頼んでくれた人がKohの昔を知る数少ない人物だったので昔話に花が咲き余計に楽しかったようだ。今回Kohに依頼して下さったのは、もう20年ほど前からKohを知っているS氏。S氏のことは普段から私にも話してくれていて、昔々スーサイドのスの字もなかった大昔、スの字も無ければ金も無いKohがスーサイドの10分の1もないガレージでちょこまかとしたカスタムをしていた時代に、「近所でとんかつを何枚も大人買いして差し入れしてくれてさ、自分じゃとんかつの一枚も買えなかったときにあんなにたくさん買ってきてくれて、なんてかっこいい人なんだろうって憧れたんだ。自分も大人になったらああいう大人になりたいなぁって思ったもんだよ」と、とんかつ屋の前を通るたびに言っていた。




2




そのことをS氏に話すと、「ずいぶん懐かしいこと憶えてんなー、でも今のKohちゃんだったらもうどんだけでもとんかつくらい買えるじゃーん」と大笑いしていた。こういう人だからKohが憧れたんだなぁと思う。またいつでも遊びにいらしてくださいね!











スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://suicidecustoms.blog48.fc2.com/tb.php/1479-483265f2

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top