Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

チクタクチクタクボーンボーン







暑さに耐えきれずKohが自分で髪を刈り上げた昨夜。「オートバイがかっこよければ他のことなんてどーだっていいじゃないか」と口で言うのは簡単だし、そのような思考の持ち主は他にも大勢いらっしゃると思うのですが、それでも身なりくらい少しは気にするのが普通だと思う。だがしかし、Kohの場合は本当にオートバイ以外をきれいさっぱり捨てられる潔さ(?)がある。こう書けばかっこよく聞こえるけれど実際には、ちょっと大丈夫なのかなこの人?笑えることが起こる。今回の髪形も、丸刈りなのは大変結構なのだが、なぜか襟足とモミアゲが長いままになっていて、後ろから見ると昭和のヤンキーのようになっている、、、もうこうなったら襟足だけオキシドールで脱色してあげたい。





1





今どき田舎でもなかなか見かけなくなった昭和のヤンキー(風)Kohが、21世紀のテクノロジーを使って20世紀には創り出せなかったものを創り出したい、という信念を持って挑んでいる近ラーリ。その中でも今持っている自分の知識と技術を駆使して挑戦しているのが、このキャリパー一体型のボトムケース。






2





見づらいですが、この矢印の部分のちっちゃなちっちゃな穴がブレーキフルードの通り道になるのですが、この穴を開ける角度を間違えたらしくこのキャリパー一体型ボトムケースはまさかのゴミ箱行きに。がびーん






3




もう使えないからゴミになるのは分かるんだけど、いざ空き缶と一緒に捨てられているのを見ると切ないというか空しいというか。いつも思う事ですが、このお仕事って手を抜こうと思えばいくらだって抜けるし、諦めてしまえばそこで終われるし、まぁこんなもんだろと自分に言い聞かせてしまえばそんな気もしてくる。でも、なんていうか、こう、自分との戦いというか、、、うーむ、言葉にするのが難しいですが、本当に気の遠くなるような作業の繰り返しだなぁと。苦労が水の泡になる瞬間がいっぱいあるんだけど、その苦労が報われる瞬間ってのも当然ある。





3





そして、こちらが心折れそうになりながらも作り直したキャリパー一体型ボトムケース。今度はブレーキフルートの通り道の角度もバッチグー。あとは中をホーニングしていよいよ完成。











スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://suicidecustoms.blog48.fc2.com/tb.php/1528-563b2c35

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top