FC2ブログ

Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

snowman.







ゆきだるま、ではなくホイールをつくる。



20171227






野暮用があってニューホライズン(和英辞典)をひらく。今の子どもたちもニューホライズンを使って勉強しているのかしら。私たちの時代、英語と言えばニューホライズン、ニューホライズンと言えば英語の勉強であった。

私の妹は当時、独学で英語を学びカナダで仕事をしながらイギリスに留学してドイツ人と出会い結婚しドイツの移民となった苦労人。結婚する前に彼をつれて日本に帰国し両親に紹介するが、当然私の両親は英語なんて話せないから彼のひととなりが分からない。そんな彼に大事な娘を託せませんよ、ということで、しばらく実家で暮らしてもらうことになった。言葉は通じなくとも一緒に暮らせば彼がどのような人なのかを理解できると考えた父の頼みを快く引き受けてくれた彼は、その後無事に妹をお嫁さんにしたのでした。そしてそれは今も現在進行形。話がそれましたが、私のニューホライズンはその妹が遠くドイツへお嫁に行くときに実家に置いていったもの。それを十何年ぶりかに開いたら中にメモがはさんであった。メモには彼が両親のために覚えようとしたしたであろう日本語がローマ字で書いてあり、両親が確かめたかった彼のひととなりが感じられ切なくなった。

そんな偶然も重なってそれから何度かKohがドイツへ行った。生まれて初めてのちんぷんかんぷんな場所で時間を作って案内してくれた妹夫婦のおかげでKohのオートバイの世界と意識がちっぽけな島国から広がった。あの頃まだドイツにあったハウスオブサンダーで通訳をしてくれたR(妹の夫)に、「こいつ(Kohのこと)はどれくらいバイクを知ってるんだ?」と尋ねるオーナーに、「ちょっとだよ」と答えていたR。まさか、そのちょっとバイクを知ってるくらいのKohが去年のドイツの世界大会で優勝したと知ったらどんな顔をするだろう。


いつかまた、みんなで笑顔で逢えるといーね。メリークリスマス!











スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://suicidecustoms.blog48.fc2.com/tb.php/1655-acc06212

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top