FC2ブログ

Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

AL×SUS small rotor.





心配事や考え事があると車ごとどこかへぶつかっていく癖(?)のある私。今までもKohからプレゼントされた大切な車たちをボコスカいろんな所へぶつけてきた。スウェーデンのショウに出した記念に贈ってくれたVOLVOも見事にぶつけて悲しみのボロボとなり反省しながらしばらく乗っていたのだが、去年の暮れにもうぶつけないでねと素敵なビートルをプレゼントしてくれた。いつも思うことだけれど、夫婦でもないのにこんなことまでしてもらってほんと申し訳ない。ありがとうね。

すぐにでもドライブに出かけたかったが、年末年始とそのような時間が作れないでいた。先日ふと野暮用が出来たのでほんの30分くらいでしたがやっと二代目ビートル(初代ビートルはフレームがひん曲がるほどぶつけてさようなら)でドライブすることができた。普段たいした話もしませんが、その日はKohがめずらしく素敵な話をしてくれた。

「昔はさ、僕もアーレン・ネスのディガーに憧れて憧れて好き過ぎちゃって真似して同じような形のカスタムを作ろうと躍起になっていた時もあったんだよね。でもあるとき気が付いたんだ。ディガーという形、いわゆるディガースタイルってのはネスが考えた形であって、それを例えば僕がどんなに真似て作ろうとそれはネスのものなんだってね。ジョン・ハーマンもそう。ディガーもチョッパーもボバーもそれぞれスタイルが確立されていてそれは昔の人たちが考えたスタイルなんだ。だからそれを自分のものになんて出来ないんだよ。そこに、俺だったらこうするな、とかはないんだ。自分なら、を付け加えたところで彼らが確立した素晴らしい形を歪めてしまうだけ。それならば新しいスタイルを創り出せばいいじゃないか、て話になるけど正直もうそういう意味では出尽くしていると思う。もしかしたら一から新しいスタイルを考え出せる人がいるかもしれない。でも僕はそんな天才肌じゃない。じゃあ自分には何が出来るのか。それを考えたときに僕にできることは今あるスタイルを尊重しながら壊さないようにいかにセンス良くそこに新しい何かを加えられるか、と言うことなんじゃないかな、と。自分の人生はその新しい何かを模索するためにあるんじゃないかと最近は思うんだよね。」(話が壮大すぎてうまく書けませんがこんな様なことを話してくれた)




20180204





インスタグラムにこの写真を載せるときに、「シャープの後ろにこの言葉を書いてくれ。」とお願いされた。あー、はいはい、は?シャープ?あー!!昭和のあのころは#をみんなシャープと呼んでいた。いつからハッシュタグなんていう名前になったのかしら。まあそんなことはどうでもいいけど、ろくな設備も材料もない何もない時代から始まったオートバイの歴史の中の天才ビルダー達を心から尊敬し、その天才ビルダーから生み出された確固たるスタイルを尊重して、最新のテクノロジーと謙虚な姿勢と思考で21世紀を生きる自分に出来ることを模索する人生の中で、オートバイ以外は超アナログ世界を生きるあなたって最高にシブイと思うよ!











スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://suicidecustoms.blog48.fc2.com/tb.php/1662-f51908ef

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top