FC2ブログ

Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

世界最速のインディアン

i

先日、めずらしく 「今日はDVDを観てゆっくりしよう」 と言われて、本当に何年振りかで一緒にDVD鑑賞をしました。
観た映画は、 え?? 今更??? と言われてしまいそうですが 「世界最速のインディアン」です。 本国 アメリカでは キャノンボールが開催されていたので、ある意味では 旬 なチョイスだったのかもしれません。

映画が好きな私たちは いつも あれ観たいよねぇ、これは見逃せないよねぇ、これだけは観ておかないとねぇ、と言いながら 公開期間が過ぎ、DVDが発売され、時間が経ちすぎて もう何が観たかったんだか忘れる、、、、を ここ何年も繰り返していましたが、この映画だけは どうしても観たかったらしく、こっそりDVDを購入してありました。

初めの30分は もうなんだか姿がダブってしまい、涙が溢れてあふれて まともに字幕が読めなかったけれど、主人公のモーターサイクルにかける熱い想いは言葉の壁を越えて ものすごい勢いで私の心の中に入ってきました。
モーターサイクルのことに関しては徹底的で天才肌なのに その他のこと、つまり 「普通に生活していく為の常識」 みたいなものは完全に欠如していて、完全に変人なんだけど どこか憎めない主人公バート。 レモンの木に立ちションしてるところまでソックリだったので本当に驚きました。

ニュージーランドから たった一人でボンヌヴィルを目指す途中、所持金も少なく心細い旅なのですが、親切な人たちと出会いながら 度重なるアクシデントにも決して諦めることなく突き進むその姿は、やはり 一人ぼっちで行ったこともない国や町で 親切な人に助けられながらも孤独に悪戦苦闘しながら お目当てのバイクショップやバイクビルダーを探し周ったであろう姿と重なって 私の心を揺さぶりました。

そして、バートは遂に夢を叶えるどころか、そのあとも突き進んでいくわけですが、その湧き出るエネルギーや溢れ出す生命力、生きる力というか 生き抜こうとする貪欲な精神力、決してブレない真っ直ぐな想い、、、、 うんうん、私の隣りで私の泣き顔を見ながら いたずらっぽく笑ってるこの人にも こんな生き方してほしいなぁ、こんなふうに生きさせてあげたいなぁ、いやいや、私がこんなふうに思ってあげなくても 勝手にこういうふうに生きるでしょ、いや もう生きてるか、 ふふふ、、、なんて ひとりで考えながら 映画を観終わりました。


夢も才能も無いつまんない男にはオススメ出来ない、素晴らしい映画でした。






スポンサーサイト



Comment

2010.10.03 Sun 07:00  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.10.05 Tue 16:35  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://suicidecustoms.blog48.fc2.com/tb.php/68-bff63459

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top