Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

jig.


本日は、私とD達君とSBの三人体制。春から正式なスーサイドファミリーになってくれることが決まっているSB.大変心強い。

それにしても今日は体中がしびれるほど寒い。それでも愚痴ひとつこぼさず、凍るような工場の中で早朝から夜中日付が変わるまで黙々と作業してくれるスタッフには本当に頭の下がる思いです。こんな寒い夜には温かい豚汁でも作ってあげたいのだけれど、ガスが通ってないので作れない。お金持ちになったら、高級車を買うよりも立派な家を建てるよりも、まず会社にキッチンを作るから待っていてね。

さて、そんな凍てつく寒さの本日、2000GTの最終工程(全部で5工程を経て2000GTは出来上がります)のジグが出来上がってまいりました。

1

2

3


この2000GTのCAMのプログラムを作っているのはD達君。


Kohの高校時代の話は先日書きましたが、このD達君の高校時代はまた違う意味で凄かった。ま、簡単に書いちゃえば、地元鹿児島県の工業高校のビリから2番目の成績だった、という、絵にかいたようなオチコボレっぷりを存分に発揮していた当時のD達君。たぶん先生からも、あーぁ、、、ていう残念な生徒だったんだろーな、ということは誰にでも容易に想像できます。

がしかし、先生にも同級生にもご両親にも、たぶん本人にも想像できなかったことが数年後に起こることになるのです、、、

そう、スーサイドに入ったことで、今ではハイパーミルのCAMを使ってプログラムを作れちゃうっていう高校時代の先生もぶっ飛んじゃう23歳に成長致しました(まだ特訓中だけど)

日本に何人いるかしら、こんな上等な23歳。たぶんだけど、日本のカスタムショップの中ではD達君だけじゃないかしら。

Kohがやらなくちゃいけないこと。それはD達君に最高の環境を与え、最新の技術を学んでもらう事。バーベキューとかツーリングとか積極的に参加して、お客さんと仲良くなって和気藹々、みんなで楽しく一度っきりの人生をエンジョイしようぜ、て、そんなことのためにスーサイドに迎えたわけじゃない。D達君が立派な技術者になれるよう、誰の前に立っても胸を張れるよう、そういう人になってもらいたくてスーサイドに来てもらいました。D達君を立派なカスタムビルダーに育てることがKohのD達君に対する最大の使命ですし、それに応えることが今のD達君が死ぬほど努力してやるべきことなのです。それは新しく加わるSBも同じ。目標を一点に絞れば辛いことも苦しいことも乗り越えていけるはず。


遊んでも人生、努力しても人生。 だけどその先の光はきっと違ってくる。






スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://suicidecustoms.blog48.fc2.com/tb.php/846-f8a54673

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top