Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

ポケモン世代



もはや誰もが辞めた、と思っていたに違いない。

私たちはもちろんのこと、このBLOGを読んでくださっている全ての人々が、あーもう辞めたんだな、と思っていたはず、



                 ですが、



                まさかの、




1


        本日突然の出勤(爆)




3


         しかも、パパと(爆)(爆)





さて、そんなポケモン世代の一人息子を溺愛しているパパY氏ですが、Kohが10代の頃からだから、もう20年のお付き合いになります。この人がいてくれたからKohはカスタムを続けることができました。そう、カスタムの恩人なのです。

今から約16年前にKohがつくった美しいブルーのカスタムバイクがあるのですが、ちょっと記念になるようなことがあったので、せっかくだからと私が写真を撮ってプレゼントしたことがあります。

そんな話をTKを交えて話していたのですが、


TK   「ボク、その頃まだ2歳とか3歳なんで全然覚えてないです。」


Koh&私 「・・・・・・・・・・・。」


Koh   「僕はキミがそんなちっちゃい頃からカスタムをしているってことだね、、、」





私たちには5年、10年の月日の流れなんて懐かしむくらいのもんだけど、若者の時間ってのは貴重なんですな。だけど、悲しいかな若い頃には気づかないんだよねぇ  ずっと続くと思うんだ、今のこの楽しいだけの時間が。



余裕のTKとは裏腹に、スーサイドに来てからみるみる痩せていくSB.

永遠に続くと信じてやまなかった花のバカタレ時代が過ぎ去り、さていよいよ廃れていくだけの30代に突入したSB. 大抵の人は、そこに結婚やら子育てやらを組み込んで何となく幸せのフリをしていくんだけど、SBは違った。志高く生きる為にスーサイドを選んだんだ。がしかし、その道は険しく苦しい。そりゃそーだ、夢がそんなに簡単に叶ったら夢じゃない。


さぁ、本日からまた5人体制で夢を追いかけます、若干温度差はあるけれど(笑)






スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://suicidecustoms.blog48.fc2.com/tb.php/899-9fc791e8

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top