Suicide Customs inc

Category : rubber mount frame

ナーバスフレーム改めマゾヒスティック、、、





1



最近、趣味で作っているブーメラン、ではなく、O和田ドリームのナーバスフレームの一部分。





2



O和田氏の頭の中だけに存在する理想の形をスーサイドの技術で何とか現実にしてみせましょうホトトギス大作戦。その難解で非現実的な形ゆえナーバスフレームと呼ばれ、もはや今となってはナーバスを通り越してマゾヒスティックにも感じられるその姿。嗚呼。




3



殺伐としております、我が愛しのスーサイドカスタムズ。











ナーバスフレーム





1




O和田ドリームのナーバスフレームの一部分。こりゃすごい。









スーサイド鍛冶屋





私のボロボがVOLVOになって戻ってきた!心の友ロケモのS田氏とS田妹ちゃんがせっかくスーサイドまで来て下さったのにお逢いできなくて本当に残念。ありがとうございました。またお逢い出来る日を楽しみにしています!




2



そしてこちらはシューボロックスのままのKohのシューボロックス。一足早いクリスマスプレゼントに新しいお洋服を着せてあげました。






3



アイアンマン3をDVDで観た時に、ペッパーがメラメラと熱くなっている場面で肌の表面がまさにこんな感じになっていて、私はすぐにスーサイド鍛冶屋を思い出しました。Kohが鉄を熱すると鉄の表面がポロポロと浮いてきて、それを金属の歯ブラシみたいなものでしゃかしゃかと落としながら曲げたりしているときの光景そのままだったから。映画って細かいところまでよく出来てる。すごいなぁ




5




こちらはO和田ドリームのフレームの一部分。困難な角度ゆえ、このような形状に。











白鳥様(Mr.SWAN)





少し遠くにお住まいですので、スーサイドへは年に一度か二度お越しいただいておりますO和田ドリームのオーナー、O和田氏。




1




その困難で繊細なフレームゆえに、プロジェクトが始まったときには 「ナーバスフレーム」 と呼ばれ、現在はKohから 「白鳥様(Mr.SWAN)」 と呼ばれておりますO和田ドリームのフレームを確認していただいた昨日。あ、もう一昨日。












小さな井の中の大きな蛙





本日のタイトルは、先日耳にして心に残った言葉。






1




おや?いつもはKohが仮眠しているKohの部屋(スーサイドの事務所)のKohのベッド(スーサイドの事務所のソファ)にO和田ドリームのエンジンとミッションが。今夜は何処で眠るのかしら。






2



そして、Kohのパソコン用の椅子には猫が。この季節になると寝ている猫に使用済みのuesが何枚もかけられる。これは心優しき(?)Kohの仕業。にゃー






3



随分とリラックスムードに見えます秋のスーサイドですが、現場は相変わらず殺伐としています。先日のバベルの塔がJigから外されて、また違うフレームが載っている。











カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top