Suicide Customs inc

Category : xs650

done!!!!!!!



1

3


1

3

5

1






スペシャルサンクスは、もちろんこの人!

2

なぜか下半身がずれてる、、、何かあったのかしら(笑)





Twins!!



怒涛を超えた殺人的な忙しさ。

1

まさかのWバフがけ。


あと少し!


いつもはトライアンフーズの3人。今日はエックスエスーズで頑張ってます。
S田氏が来てくれる日は現場が和みます。

1

2


今夜中には組み上げたい。いや、組み上げなくてはなりませぬ。

スーサイドカスタムズでは、納期を決めた仕事や何かに間に合わせるための作業は一切しません、が、このXS650は違う部門のプロジェクト。オーナーはD達君なので納期はないんですが、間に合わせなくてはならない事情があるんですの。ここ数カ月はこの事情のおかげで大変な目にあっている私たち。Kohさんも 「やっぱりこういうやり方は僕には合わない。もう二度とやらない!!」 と言っています。ですが、やはり完成が近づくと愛着が湧いてくるというか、ものすごい達成感というか、何とも言えない幸せな気持ちになってきます。本日助っ人で来て下さったS田氏をはじめ、かなりの無理を聞いていただきました各外注の業者の方々、もちろん今回大変お世話になりましたMakoto氏、、、自分たちのチカラだけでは決してなく、みなさんの協力のもとにカスタムは完成していくんだということにつくづく感謝した数ヶ月間でした。今夜中にローリングになるであろうこのXS650.Koh渾身のフロントエンドは世界中のバイクビルダー達がつくってきた同じようなものの中で群を抜いて世界で一番美しいと思う。間もなく完成です。



3

今日の画像は、昭和レトロをこよなく愛するS田氏に感謝と愛を込めてセピアカラーにいたしました(笑)




M&K custom signs


実は今回、どうしてもタンクを燃やしたかったKoh.

1

タンクを燃やす? 確か1年前、溶接面を誰かに燃やしてもらわなかったっけ??しかもビックリするほど素敵に。そーだ、あの人しかいない! ということで、XS650のタンクはMakoto氏の許へ。

Kohさんはアーティストの方に何かを依頼するときには、最低限の好みは伝えるけれど基本的にはお任せでお願いします。その時に金額を聞いたりすることも絶対にしません。

今回は消火器勃発事件で不本意ながら電話での打ち合わせとなってしまいましたが、その中でとても印象的なことがありました。


M 「だいたいの雰囲気は分かりました。あとはバックのピンストライプの色はどうしましょうか。溶接面ではブルーを使いましたが、オールドスクール色を出したいならアイボリーだと思います。」

私 「ダサカッコイイ感じがいいです。ベタ過ぎてむしろカッコイイだろ、みたいな。」

M 「なるほど。それならブルーでいきましょう。」


Kohさんもそうですが、ただ闇雲に自分の感性だけでものつくりをするのではなく、感性を大切にしながらもその時代背景やスタイルの基本的な部分はちゃんと押さえる、というのは実はとても大切なこと。Makoto氏の言う、オールドスクールならアイボリー、ベタでいくならブルー、というのはまさにそういうこと。




さて、Kohのいつものせっかち病が始まって昨日急遽タンクを引き取りに行くことになりました(いい迷惑)

2


気分が良いとどうしてこんなにも空が青いんだろう(笑) 文章のやり取りは以前からあったけれどお会いするのはこの日が初めて。 ドキドキワクワク

がしかし、アンチ有名人なところがあるKoh(本当のところは有名人に群がる人達を軽蔑していると思われる)Makoto氏も言わずと知れた世界的アーティスト。超がいくつもついちゃう有名人だ。いったいどんなことになるのやら、と少しだけ心配していたけれど、そんな私の不安をよそに珍しく心開いていた様子。がしかし、私が調子に乗ってベラベラ喋りまくっているから呆れて途方に暮れているKoh.目が遠くを見ている(笑)

2



こちらは私がどうしても本物が見たくてお願いして見せていただきました。

1

2

Makoto氏の本当に本当に初期の頃の作品なのだそう。
いやしかし、才能ある人ってのは初期だろーが何だろーが関係ないのねん。もう最初っから群を抜いている。そして決して色褪せないのであーる。



何処へ行っても大抵3分で帰る私たちが、信じられないほど長居してしまった(ごめんなさい。ほぼ私のせい)人のことなんて滅多に良く言わないKohさんが、「やっぱりああいう人に仕事は頼みたいよね。」 と帰りの車の中でしみじみと呟いていた。うん、私もそう思う。

1

2



いつも文句タラタラな私だけど、こういう日はKohさんに感謝でいっぱいになる(単純)
そしてその夜、私は胸がいっぱいでいつまでたっても眠れなかった。




awesome!!!!!!!!



1

2


詳しくはまた明日!





カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top