Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

そして、スピード・スター








20180319




今回のプロジェクトでは新しいことにいろいろチャレンジしている。例えばタイヤに空気を入れる部分、普通はリムの内側ににょきっと生えている小さなきのこみたいなの(自転車を想像すると分かりやすい)だと思いますが、コッキー改めスピード・スターはホイールのスポークの中に一本の真っ直ぐな穴を開けて内側から空気を入れるしくみ。なのでリムの表面には何もない。え?これどこから空気入れるの?という見た目と構造なのだ。これはKohがずっと大切に自分の中であたためてきたもの。ホイールはスーサイドにあるCNCで削って作ったリムとスポークが一体型。そのスポークの中の一本に真っ直ぐ穴を開けるというのはとても難しい。困難な仕事に協力してもらえる人を探すところから始まった今回のホイールプロジェクト。いつも言っていることですが、一台のカスタムバイクはいろんな人の知恵と技術が詰まっている宝もの。



20180319



電話で問い合わせ後日実物を見てもらい挑戦していただけることになった。我々と同世代だと思われる工場長が知ったかぶりをせずにベテラン世代に相談しながら決断してくださった会社の雰囲気を見てこれは絶対に成功するだろうと思いました。「やったー!」と小学生のように青い空に両手を挙げて喜ぶKohにこっちも幸せな気持ちになる。ああ、あのとき虹色の貝殻を買わなくて本当によかった。感謝感激で、ではスーサイドに戻りましょうかというところにベテラン氏が、「それ私が乗ってる車と同じ構造だ。」と微笑んだ。え?耳を疑う。これ正真正銘Kohが長年あたためてきたアイデアなんですけど?車の名前を聞いて後から調べたらそれは本当で驚いた。そしてそれはドイツ車だった。なんか嬉しいような誇らしいようなよく分からない気持ちになったが、さすがドイツ!やはりBMWですな!ということでこのまま突き進む。





20180319



そしてこれはもう完成しているんですが画像は削っている途中のもの。ちっちゃいエアクリーナーカバーです。新しいことにどんどん挑戦していくけど大切にしているデザインはいろんな形でこの先も残していきたいんですって。それって素敵な考えだと思う。













三重県へ、そして大阪府へ。







神戸へ行ったすぐあとに三重県へ出かけた(どちらも仕事です)

何処へ行っても長居は無用のKohの用事はすぐに終わり、「せっかくここまで出てきたのだから少し足を伸ばして大阪のI君の所まで行ってみようか。」 めずらしいことを言いますな。ひゃっほー!もちろん行きますとも!突然でご迷惑をお掛けするといけないので電話をいれる。「ぜひ来てください。でもそこから二時間以上かかると思いますよ。」 え?まじで?という顔を一瞬したけれどそのへんは案外と気にしないらしい。なぜならばオートバイから離れないから。オートバイから遠ざからなければ大丈夫、ということで笑顔で出発。



途中、HONDAの大きな大きな工場が!


201803



そう、本田宗一郎さんは浜松市のご出身。これまた何処へ行ったって記念撮影なんかしないのに、「僕のカメラ(携帯電話)でも撮って!頼む!」とお願いされた(本人は運転中なので)  



しばらく進むと、え?これレース場だよね?なに?えー!まさかあの鈴鹿?!


201803



ヨシムラがHONDAをぶっちぎりで負かしたあの伝説の第一回鈴鹿八耐レース映像をふたりで何度目頭を熱くして観たことか。だがしかしどんなに興奮しても一分たりとも立ち止まってはくれないので写真がしょぼすぎる。がそんなことはどうでもいい。こういう人とドライブをするのは物足りなさを感じるが、それがまた強烈な記憶となって残るんだ。それにしてもふたりで地図も見ず偶然通った道がこの道だった奇跡。オートバイの神様って本当にいると思う。あのとき巨大松ぼっくりを買わなかったご褒美だ、たぶん。




201703




で、ここがゴールというオートバイ愛にあふれた一日に感謝。


















暇人のメランコリ






子どものころ、完成してるオートバイをわざわざぶった切ってカスタムする職業があるなんて知らなかった。いや正確には大人になるまで知らないでいた。


Kohは超現実主義者であり寝ぼけ眼で浮かれぽんちな私とは正反対。ある日セールで激安になっていた巨大な松ぼっくりを買おうとしたら、「頼むからそんな道端に落ちてるもんに金を使うのはやめてくれ」と真顔で言われた。別に私のお金なんだし自由にすればいいのに、まあいつかどこかで拾えるかもしれないな~、と買うのをやめてしまった。いつかのブログでも書いたけれどそれは夢の中でも同じで、虹色の貝殻がビニール袋に5個ほど入って980円で売られていて心の底から欲しかったのに、「落ちてるもんに金を使うな」とKohに叱られて買うのをあきらめてしまった。



少しくらい私のくだらないことにも付き合ってくれたらいいのに。たまにはオートバイから離れてみたら?気分転換とか必要でしょ。メリハリつけたほうが仕事の効率上がるんじゃね?
だがしかしこんなことは口が裂けても言ってはいけない気がする。この職業をKohが一生の仕事だと選んだということはそういうことだから。




20180319




この3月は身も心もあっちこっちに行きました。野暮用があり神戸港へも。港は活気にあふれていてリーマンショックのときとはまるで違う風景だった。残念ながら神戸での画像はなっしんぐ。上の写真はいつかのまだ肌寒い夕暮れを走るKoh.


留守の間、私の代わりに日常を書いてくれた石塚君ありがとう。感謝してます。


































small air cleaner

IMG_0083.jpg
小さいエアークリーナーが完成しました。
今からポリッシュして完成させます。

ハブ 完成

IMG_0077.jpg

ホイールに組み立てしますが今回はハブにエアーバルブを取り付け加工しますのでハブにも追加工をしなくてはいけません。

カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top