Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

スピード・スターを考える日々





もっと単純でいいじゃないか。例えばだけど言葉にはいろいろ種類があって、そりゃ尊敬語とかきちんと話せた方が良いだろうけど結局のところ話し方なんてのはどうでもよくて大事なのはその話す「人」であって、どんなに言葉が丁寧だって心が横着だと聞いてる側に伝わるもんだし、逆にどんなに話すことが下手でも心のままに正直に話せばそれも不思議と相手に伝わるだろ?




20180116





まあ確かに。こんなにも複雑な構造を考え、そしてそれらを現実の形にしようと謙虚に努力し続けている人(Kohのことです、念のため)の思考は、実はそれ以外のこと(Kohの場合はオートバイですが)をあまり考えなくていいような頭のつくりになっているのかも?とか思っちゃうのは私だけではないであろう。続く・・・










どうぞよろしくね2018





正月も風呂に入れず、おでんの大根のようにオイルとガソリンしみしみのKohがたばこに火をつけるたびに引火しないかドキドキ。こんなふうにいつもどおりに過ごしますが、やはり新しい年が始まるというのは気持ちが良いし気が引き締まる感じがして良い。節目があるっていいな、と思います。話が飛びますが、昔々あるときふと地球儀が欲しいと言ったKoh .普段そんなこと言わないのでそれがずっと心に残っていて10年くらい探していた。高価で新しいものは必要ないしわざわざ買いに行くこともしないけれど、なんとなく立ち寄った場所でいつも探していた。けれどこれといって心にズッキューンとくる地球儀は見つからないでいた。がしかーし、とうとう見つけてしまった!



20180102




じゃじゃーーーん ものすごいガラクタの集まる場所に光り輝いていた巨大地球儀。これきっとどこかの小学校で使われていたものだと思う。しかも相当古い。だってロシアがまだソビエト連邦共和国だし(笑)




あ、愛車を見せびらかしに来てくれたYし、Mなちゃん、そしてR博士。タイミング合わず逢えなくて残念!私がずっと乗りたがっていた車を先に買うなんてずるいぞ、こんにゃろ。











さらば2017





いつの日か読み返したら楽しいだろうなあ、と思って書いているこのモーターサイクルダイアリーズですが、文章を書くどころか写真すら満足に撮れなかった2017年。書き残したいことがたくさんあったのに残念。



20171231




もはやインスタグラムの使いまわし感が否めませんが、この写真は個人的にとても気に入っているのでこれで締めくくろうと思います。2017年もKohを理解し協力してくださった皆さん、ありがとうございました。良いお年を!











Battery box.






宝物を入れる箱、ではなくバッテリーを入れる箱を作る。




20171231






がしかし、これはjig. これを型にして鋳造でつくる。かなりめんどい実にKohらしい。











snowman.







ゆきだるま、ではなくホイールをつくる。



20171227






野暮用があってニューホライズン(和英辞典)をひらく。今の子どもたちもニューホライズンを使って勉強しているのかしら。私たちの時代、英語と言えばニューホライズン、ニューホライズンと言えば英語の勉強であった。

私の妹は当時、独学で英語を学びカナダで仕事をしながらイギリスに留学してドイツ人と出会い結婚しドイツの移民となった苦労人。結婚する前に彼をつれて日本に帰国し両親に紹介するが、当然私の両親は英語なんて話せないから彼のひととなりが分からない。そんな彼に大事な娘を託せませんよ、ということで、しばらく実家で暮らしてもらうことになった。言葉は通じなくとも一緒に暮らせば彼がどのような人なのかを理解できると考えた父の頼みを快く引き受けてくれた彼は、その後無事に妹をお嫁さんにしたのでした。そしてそれは今も現在進行形。話がそれましたが、私のニューホライズンはその妹が遠くドイツへお嫁に行くときに実家に置いていったもの。それを十何年ぶりかに開いたら中にメモがはさんであった。メモには彼が両親のために覚えようとしたしたであろう日本語がローマ字で書いてあり、両親が確かめたかった彼のひととなりが感じられ切なくなった。

そんな偶然も重なってそれから何度かKohがドイツへ行った。生まれて初めてのちんぷんかんぷんな場所で時間を作って案内してくれた妹夫婦のおかげでKohのオートバイの世界と意識がちっぽけな島国から広がった。あの頃まだドイツにあったハウスオブサンダーで通訳をしてくれたR(妹の夫)に、「こいつ(Kohのこと)はどれくらいバイクを知ってるんだ?」と尋ねるオーナーに、「ちょっとだよ」と答えていたR。まさか、そのちょっとバイクを知ってるくらいのKohが去年のドイツの世界大会で優勝したと知ったらどんな顔をするだろう。


いつかまた、みんなで笑顔で逢えるといーね。メリークリスマス!











カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top