FC2ブログ

Suicide Customs inc

 日常の作業や最新パーツを紹介します。

いつも心にオートバイ





「良いものを創るには良いものに囲まれている必要があるんだよ」とはKohの長年の常套句。




20180805




それって、良い仕事をするには良い人に囲まれている必要がある、とも言うんじゃないかな。












handle.






20180801




自然とランブル・レーサーを想い出す造形。まったく違う形をつくって見る人に驚きを与えることももちろん大切なのかもしれませんが、今は、ああこれねうんKohだよねKohらしいや!と思ってもらえるものを創り出したいらしい。ランブル・レーサーの前のサンダーヘッドから続く進化系シリーズ。





20180803




本当に時々、どこまでものめりこんでしまう気持ちにブレーキを掛けられるかどうかも才能の一つなんじゃないか、とかいろいろな彼なりの哲学を話してくれる日があって、それらはとっても切なかったりする。












シリンダーヘッドも続いています・・・





20180801




コッキー改めスピード・スターではシリンダーヘッドにも挑戦している。挑戦というよりも実験に近い感じ。





20180801




いくつもの工程を繰り返しながら、形にはなってきた。




20180801




だがしかし、まだまだ荒削りの状態で




20180801




まだまだ遠い道のりだと思われる。





20180801




差し込む光は朝日。











ガソリンタンクのサイドパネル・・・






コッキー改めスピード・スターのガソリンタンク。そのサイドに埋め込まれるサイドパネルをアルミの板を削ってつくる。




20180801




ランブル・レーサーのデザインを思い出しますが、まさにその進化系。まったく新しいものに挑戦していきたい気持ちと、今までの自分がデザインしたものを混ぜ込んで、そのどちらも大切にしていきたいのだそう。若い頃は勢いだけで何でもぶった切って新しく作り出すことに夢中になっていたらしいが、年齢と経験を重ねた今現在の自分はそう考えるんですって。




20180801





アルミの板から削り出したぷっくり膨らんだリブ付きサイドパネルを、鉄の板から切ったり叩いたりしながら作ったガソリンタンクにはめるために、サイドパネルも曲げなければなりません。よって、いつものように火で炙って曲げていくのですが、この酷暑。このまま死ぬんでなかろーか?と感じるほどに暑い。アルミは鉄と違って熱を加えても色が変色しない。だから表面に煤をつけて、煤がほろほろ剥がれ落ちる様子を見ながら炙っていくのですが、とにかく暑い、猛烈に暑いのだ。頭もボーーッとしてくる工場の中で、まあこんだけの部分くらいなら大丈夫だろ、と横着なKohの気持ちをカスタムの神様は見逃さなかった。




20180801



ぱっきーーーーーん





20180801




Koh本人も一瞬何が起こったのか分からなかったらしい。あまりのショックで頭の中が真っ白になった、と言っていた。こうしてカスタムの神様に捧げる部品がまた増えた。ええ、もちろんこれはアルミの板からやり直し。嗚呼・・・











アオスジアゲハ






スーサイドの片隅にあるちっちゃなお風呂(手洗い場とも言う)で、じゃぶじゃぶ顔を洗い今日一日の汗を洗い流す。ふーっ今日も暑かったなー!とタオルでごしごしと拭きながら振り返ると・・・




20180724





蝶々がいた。かわいい











カウンター

プロフィール

suicideistoms

Author:suicideistoms
Welcome to Suicide Customs Blog

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Top